2005年 07月 29日
抱卵ブリのその後・・
exiteの不具合により、この日の画像は消えてしまいました・・
お使いのPCの故障ではありませんので・・


先だって、思いもよらぬ抱卵騒動で、飼い主を、
大いに慌てふためかせたブリちゃんだったが、
あれから一ヶ月半が過ぎた今、
当のブリちゃんは、こんな姿になっていた・・


b0024412_22493677.jpg










あの、満月のように大きかった(プラウザの戻るでもどって下さい)はすっかりと萎み、
体色の白さは、いまだもどる事が無く、
背骨は何だか少しずつ九の字に曲がり、
いつも力なく中層をボンヤリ漂うようになった・・
まさかシャケじゃあるまいし、
このまま産卵を終え、土に帰す訳でもあるまいが、
腹がしぼんで以降、全く覇気というものが無くなった・・・


b0024412_22531644.jpg











毎日、目を皿のようにして水槽を眺めてみても、
稚魚の姿はどこにも発見できないし、
残念ながらもう、繁殖の夢は潰えたに違いないが、
つかの間でも楽しい夢を見させてくれたブリちゃんだけに、
早くもとの元気な姿に戻って欲しい。
頑張れ、ブリちゃん!



閑話休題。。


b0024412_22552930.jpg










あくまでも育とうとしない「モス」に反し、
「アヌビアス・ナナ・プッチー」は、順調に育っている様子。
当初活着させた小石が、見るからに窮屈になってきたので、
今回、新しい小石に株分けさせた。
思い返せば、「モス」も「ナナ」も同じタイミングで、
同じショップより導入した筈なのだが、
育ち方には随分差がついてしまった。
どちらも、初心者用の簡単な水草という触れ込みなのに、
こうも違ってくるとは、これもまた、水との相性という奴なのだろうか?


相性といえば、上記水草と同じタイミングで導入した
浮き草3種の相性はモス以上に最悪だったようで、
あれだけあった浮き草も、今は僅かにたったの一種、
これだけの量を残すのみとなってしまった・・

b0024412_2256953.jpg











四六時中吹きつける、ファンの送風がいけなかったのか、
連日の30度に迫るような高水温がいけなかったのか、
そもそもの水質自体が合ってなかったのか、
日々、どんどん腐り果て、見るも無残に消滅してしまった・・
せっかく自作した水草バリケードだったが、
もう使い道がなくなってしまったのだ・・残念・・




最後に明るい話題も一つ。。

先日の記事でモスの話題に触れた際、
コメント欄にて、「ryo7r」さんと「ドット」さんから、
「枯れて剥がした筈のモスから、知らぬ間に新しい芽が出て、
その新しく出た芽は、その後見事に美しく再生した。」

というような、ビックリするようなコメントを頂いたのだが、
「もしや!」と思い、うちの流木をチェックしてみたら、
同じように、剥がしたはずの流木から、新しい芽が出ていた・・


b0024412_2312648.jpg











流水の中、タワシでゴシゴシ擦ったので、
たしかに全てのモスをこそげ落としたはずだったが、
ほんの僅かに残ったものが、知らぬ間に成長していたのだろうか?


b0024412_2321470.jpg








必死で構っている間はそっぽを向いているくせに、
もういいやと諦めれば、チラっと微笑みをくれる・・
モスとはまるで悪女のようではないか・・・
[PR]

by cube60 | 2005-07-29 23:17 | ブリジッタエ


<< 登山とアクア      なんちゃってミストの会、入会 >>