2005年 09月 10日
底床を敷く。
連日、メジャー片手に閉店間際のホームセンターを彷徨い、
あれでもない、これでもないと、
水槽台 (の代わりになるもの) を捜し続けていたのだが、
結局、思案の末選んだのは、アイリスオーヤマのメタルラックだった。


b0024412_22123890.jpg
















このメタルラック、幾人かのリンク仲間の方も使用されている、
いわば、水槽台としては定番的商品なのだが、
実は、メーカーでは水槽台としての使用を禁じていたりする。
一応75㎏まで耐えるとあるので、
私は自己責任のもと使用することにしたのだが、
(スポンジマットと合板を下に敷いて)
一抹の不安が無いわけではない。
紹介しておいてなんだが、
賢明な方は使わない方が良いのかも・・。




ラック問題がようやく解決(?)したので、
いよいよ念願のセッティングにとりかかった。
以下、その様子。


b0024412_22185410.jpg










空水槽にボール紙で仕切りを作り、
動かないように石で固定、
向こう半分へ、パワーサンド代わりに購入した※「パミス」を敷き、
上から、いくらか控えめに「イニシャルスティック」をばら撒く。

※パミス
園芸用の軽石。保水・排水・保温・通気に優れ、肥料分の吸着力に富んでいる。
水質に影響を及ぼさず、完全中性(らしい)。




b0024412_22201113.jpg










次に上からソイル(アマゾニアノーマル&パウダー)を
適当な厚さまで流し込み、
反対側にはブライトサンドを流し込む。



b0024412_2221353.jpg









b0024412_22202889.jpg










そして、両方の砂の高さが同じくなるようにならし、
1,2の、3でボール紙を引き抜いたら、
境目が崩れてこないように、溶岩石で固定。


b0024412_22281333.jpg












これにて作業は終了。
あとは水を張って、水草を植えるのみ。
作業内容と今後の段取りには、大いに不安を感じるのだが
とにかく、底床作業は完了したので、
これより水草のネット発注に取り掛かる事とする。。



注) 以上の作業は、なんちゃってアクアリストが聞きかじりの知識に基づき、
四苦八苦しながら水草水槽にチャレンジしている様子です。
必ずしも正しい事を書いている訳ではありませんので、
その点は、十分ご承知おきくださいませ。

[PR]

by cube60 | 2005-09-10 23:06 | レイアウト作成


<< 新水槽、頓挫中・・      レイアウトで悩む >>