2005年 09月 25日
初ブライン沸かし
怒涛の連日更新。
ネット上にハステータスの産卵情報があまりないので、
のちの参考になればと思い、おそまつながらも小まめにアップ。
皆さん、ちゃんとついてくるように(笑)
では、その後の展開。


2度目の産卵で合計9つの卵を産んだハステータス。
その全てを隔離水槽へ移し、
エアレーションしながら見守っていたのだが、
実は全滅が心配になり、その後半分を親水槽へ戻した。


インフゾリアが期待できる(かもしれない)が、
成魚に食べられる恐れのある親水槽。
成魚に食べられる恐れは無いが、エサに不安のある隔離水槽。
どちらもどちらだが、色々やってみる。


b0024412_1193024.jpgb0024412_1194145.jpg








これが2度目の産卵で孵化した卵。
2日目になると、うっすら内部に黒い点のようなものが見えてきた。
親水槽内に残した分も、隔離水槽の分も、どちらもこんな感じ。
ここまでは順調・・・なのだが・・



b0024412_1215440.jpg










それから、初めてブラインシュリンプというものも沸かしてみた。
マニュアル通りやったら、あまりの量が孵化してしまってたまげた。
こんなにも物凄い密度で孵るとは・・



b0024412_1431931.jpg


























親水槽にいる稚魚めがけ、適当にばら撒いておいたが、
(そうです、一度目に産卵した稚魚は4日目もまだ生きてます)
ちゃんと食ってくれてるのだろうか?
肉眼で稚魚とブラインの大きさを見比べてみた限り、
微妙~な感じ・・だが・・
ちょうどブラインの全長が稚魚の頭くらいの大きさで、
食べるにはちょっとキツそうだけど・・
というか泳ぎ回るブラインを、底物のコリが食えるのだろうか?
素朴な疑問・・



b0024412_1312584.jpg










それから、ブライン粉末と共に購入した日動のポンプは優れもの。
ほとんど無音だし、世界最小らしいし、
900円という安さも素晴らしい。
がしかし、コトブキのストーンはダメダメ。
チューブを抜こうと引っ張ったら、粉々に砕けた・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-25 01:37 | チビコリ


<< ハステータスの初期飼料について      あれ!? >>