2005年 12月 01日
45水槽の近況
b0024412_23373580.jpg














貰い物のエーハイフィルターを増設するにあたり、
切れていたOリングをネットで注文した。
、という事は先回書いたのだが、
実は送料がもったいなかったので、ついでに水草2種も注文していた。


b0024412_23375277.jpg







「エキノドルステネルス」と「ロタラマクランドラ・グリーン」の2草がそれ。
テネルスは先回購入したコブラグラスにあまりにも変化が見られないので、
もっと成長が見て取れる草が欲しかったという事と、
いくつか種類を混ぜる事で、「草むら感」がアップできれば。
という理由から購入。


b0024412_23381554.jpg









マクランドラ・グリーンは、購入したショップの解説に、
ロタラの代表種の一つで、密に付ける丸葉とその愛らしさから小型水槽に似合う種です。
環境により葉色が変化し、一定の条件を満たす強酸性下で葉は黄色に染まり、
弱酸性で強光下、鉄分の多い環境では新葉の刃先にかけて赤く染まります。
CO2添加を特に必要とせず、ソイルであれば簡単に育てることができます。

とあったので購入した。


b0024412_23383949.jpg









45センチという小型水槽で、遠景でない「寄り」の水景
(水景と言うほどの物でもないけど・・)を目指すなら、
「これはうってつけ!」と思ったのだが、
実際植えてみると、確かに密で愛らしい水草だった。
残念ながら5本で730円という金額がネックになり、
持ち味の群生美を醸すまでには出来なかったが、
少しずつジャングルを目指し、自家繁殖させていきたいと思う。



それからついでに水槽の近況を書いておくと、
現在の最新画像が最上段のそれ。
例の3日連続ライティング事件のおかげで、
あちこちに茶コケが発生し、今もよく見れば溶岩石や化粧砂には、
うっすらと跡が残っているのだが、
まあ写真には写らない程度のレベルまでには回復した。
先回の連続ライティング時には、
完全修復不可能な状態になった事を思えば、
今回は少なからず、ろ過が効いていた様子。
あとミナミ達も頑張ってくれてるのだろう。


b0024412_2339419.jpg










巨大流木にうっそうと苔むすモスジャングルを目指し、
今度こそ!と活着させた南米モスの育ち具合は、今こんな感じ。
田砂環境ではいつも枯らしていたモスだったが、
流石にソイルではよく育つ。
やはりPHと硬度が関係していたのだろうか?


b0024412_23392346.jpg









生体に関していえば、ミナミヌマエビの2匹が新たに抱卵し、
ミラクル稚魚がいつの間にか行方不明になった。
最初の抱卵ミナミはもうずっと抱卵したままだが、
一体いつ産卵するのだろう?
ミラクル稚魚については死骸もないので、
もしかしたらまたフィルターに帰ったのかもしれない・・
[PR]

by cube60 | 2005-12-01 23:48 | 水草


<< ミナミの稚エビが生まれた。      サブフィルターを増設した。 >>