「ほっ」と。キャンペーン
2006年 01月 15日
続・ハステータスの産卵
b0024412_230547.jpg











放置策から一転、隔離しての繁殖法に切り替えたのは6日前の事。
実は訳あって、私はその後の孵化を見守る事もならず、
以降の世話を家人に託し、今日まで家を空けていたのだが、
家へ帰り着いてみると、なんと茶漉しの中に2匹の成長したベビーがいた!



b0024412_2311318.jpg











家人に頼んでおいたことといえば、
「1日1回、冷凍ブラインの欠片を一粒放り込んでおいてくれ」、
という事だけだったので、ただでさえ手のかかるチビコリのこと、
もうほとんど諦め気分でいたのだが、
(朝夕のエサやり、食べ残し掃除くらいが普通なのです)


b0024412_2314716.jpg










「いつも目の前にエサがある。」 という隔離法が功を奏したのか、
ヨーサックが取れた後も、
ちゃんと今日まで冷凍ブラインを食べて生き延びていたようだ。
気のせいか、以前育てた稚魚(のち死亡)よりも育ちが早い気がするし、
動きが活発な気もする。
今回ばかりは手ごたえ的に今まで以上のものを感じるので、
ちょとばかり期待してしまうのだ。。



b0024412_2325733.jpg








それから今回、茶漉しに田砂が薄く敷いてあるのは、
エサの冷凍ブラインがこぼれてしまうのを防ぐ為と、
「ヤマト」や「ブリジッタエ」が網目からちょっかいを出すのを防ぐ為。
彼ら、隙あらばブラインを狙いに来るので困ってしまうのだ・・。




b0024412_234498.jpg










留守にしていた間、「ハスママ」がまた新たな卵を産んでいた。
今回の産卵はとても勢いが良かったらしく、一気に10個以上も産んだようだ。
卵の中には既に稚魚の姿も見えるので、
こちらの方も急いで茶漉しの準備をせねばならない。

しかしこのハスママ・・ たった4匹しかいないハスのうち、
更にメスは彼女たった1匹だけだというのに、どこまでも元気な彼女。
これまで一匹で100個以上は産んでるんじゃないだろうか・・?
[PR]

by cube60 | 2006-01-15 23:17 | チビコリ


<< ネイチャーには程遠く・・      ハステータスの繁殖再び >>