2006年 02月 12日
茶漉し産卵箱NEW
b0024412_23142864.jpg












そんな訳で、もうかれこれ一ヶ月も続いている、ハス稚魚の茶漉し飼育。
ありがたい事に、今では死魚が出る事も無くなり、
ようやくこの飼育方法も軌道に乗ってくれたかな?
(油断は出来ませんが)と、思えるこの頃なのだが、
最近、稚魚達が大きく育つにつれ、
現状の茶漉が、いかにも窮屈になってきたので、
もう一つ新たな茶漉ケースを作る事にした。


b0024412_23144741.jpg











特大茶漉し、ステンレス板、(空き缶底では錆びたのです・・)、
接着剤(隙間埋め用)、その他をこねくり回すことしばし。
新生「茶漉し産卵箱NEW」は出来上がり、今ではこうして例の如く、
水位変動対策として、発泡スチロールに入れ、水槽へ浮かべられているのだが、
これにてようやく稚魚達もゆったりと、くつろぐ事が出来るだろう。


b0024412_23151134.jpg










b0024412_23152371.jpg
















b0024412_23171882.jpg











それから、先日初めて稚魚達に沸かしたてのブラインを与えてみた。
与えるにあたっては、にゃん吉さんのこの記事に倣い、
「サイクロン式強制給餌法」(今名付けました)を採択したのだが、


b0024412_23175523.jpg









b0024412_2318288.jpg







給餌一時間後には、見事全ての稚魚達のお腹がオレンジ色に膨らんでいた。
いつもの冷凍ブラインや乾燥アルテミアでは、
これほど短時間にそうなる事は無いので、
やはり生餌は稚魚達にとっても、格別なんだろう。
今後も出来る限り与えてやりたい。
(ブリちゃんも狂喜してくれたし)


b0024412_23193067.jpg










因みに上の写真が成長頭のハス稚魚。
恐らく一番最初に採卵した、孵化後約30日の稚魚だと思われるが、
最近とみに体色が濃くなり、にょっきりと背びれが生えてきた。
体長はまだまだ1cmあるかないか位なのだが、
小さいながらも、しきりに底をついばみ、
時に水面へ急上昇し息継ぎするさまなどは、
だいぶコリドラスっぽくなってきた。
これまでの苦労が報われる瞬間なのだ。。
[PR]

by cube60 | 2006-02-12 23:25 | チビコリ


<< 我が家のブリジッタエ      45水槽の近況報告 >>