2007年 06月 11日
チビ水槽に異変発生!
b0024412_17204765.jpg










ここへきて順調だった水槽内に、異変が生じてきた。
一番の異変は、岩の頭頂部に出現したゼリー状のコケ。
これ一体何なんだろう? と思っていたのだが、
皆さんのコメントで、これが藍藻であると知った・・
よく状態の悪いホムセン水槽などでお目にかかる、アレである。
あんなもんが、我が水槽に発生してしまった・・


早速ネットで調べてみた。
と、このコケ、正確にはコケではなく、一種の細菌らしいのだが、
硬度が高く亜硝酸値の高い水槽によく現れるのだとか・・
キューバを育成する都合上、
硬度に関しては已む無しとしているのだが、
もしや亜硝酸・・! と思い、久しぶりに測ってみると・・


b0024412_17212334.jpg









しっかり発生していた・・
亜硝酸に関しては以前、ソイルと水だけで回していた時、
(10日くらい回していた)
微量ながらも検出され、その後すぐに検出されなくなったので、
すっかり安心していたのだが、魚の投入やら何やらで、
濾過バクテリアが追いつかなくなっていたのだろう。
再び発生していた。
外部フィルター2機でやっていた頃は有効だった、
水+ソイル回しによる水作りも、極小水槽では無理だったようだ。
或いは魚の投入を急ぎすぎたのかもしれない。


b0024412_17215414.jpg












そんな訳で、藁をもすがる対処療法。
思い切って外掛けフィルターの濾材をスポンジ(一部残して)から、
麦飯石+セラミック濾材に換え、
毎日3分の一(といってもペットボトル1本)の換水をする事にした。


b0024412_1726032.jpg














有害物質を素早く麦飯石に吸着させ、
かつ濾過バクテリアをセラミック濾材に住まわすのが狙いだが、
これにて憎っくき藍藻は消えてくれるのだろうか?
万全の体制で受け入れた筈だったランプアイも、
結果的にパイロットフィッシュ扱いになってしまい申し訳ない。 


b0024412_17281869.jpg
[PR]

by cube60 | 2007-06-11 17:33


<< どんどん悪くなるチビ水槽      魚を入れた >>