2007年 06月 16日
どんどん悪くなるチビ水槽
b0024412_19105448.jpg













突然の亜硝酸発生より、しばらくが経過。
あれから毎日1/3の換水をしてるにも拘らず、未だ数値は下がらない。
それどころか、最近では糸状のモヤモヤしたコケまで発生しだし、
呼応するように、キューバもどんどん枯れだしてきた。


そして極め付けは、ランプアイの死・・。
4匹中、3匹が死んでしまった・・(一匹は飛び出し)
これが亜硝酸によるものなのかどうかは分らないが、
今、まさにチビ水槽は死の危機に瀕している・・


b0024412_19121115.jpg














本来なら新たな魚を投入し、コケ対策のエビも入れ、
再生へ向けての手を尽くしたいのだが、
亜硝酸値が下がらないかぎり、それもままならない。
正直、今は我慢の時だと思っている。


気泡あふれる緑の絨毯を、小型美魚達が行き交う・・
そんな環境を今から実現する事は出来るのだろうか?
ひとたび歯車が狂えば悪化の一途・・
ここへきて、超小型水槽の難しさを痛感している。


b0024412_19131147.jpg












ただ、唯一例外的に元気なのは、ショート・ヘアーグラス。
糸状コケに侵されたキューバの不調に付け込むように、
あっという間に(一晩空けたら突然・・)最前面へ出てきた。
このままではヘアーグラスがキューバに取って代わるかもしれない・・。
[PR]

by cube60 | 2007-06-16 19:16 | 水草


<< 陽はまた昇る      チビ水槽に異変発生! >>