2008年 10月 21日
60F水槽のレイアウトが決まった。
ふとしたきっかけで、アクアな友人より流木をいただいた。
それは全長40センチほどの、とても立派なもので、
どうみても私がこないだ購入した2000円流木より見栄えが良い。
なので、今回はこれをメインに組む事にした。


b0024412_18532383.jpg














縦置き、横置き、斜め置き・・、色々試した結果、
もらった流木は二つに切断し、(友よ許せ・・)
昔から持ってる手持ち分も合わせ組む事にした。
埋めて、傾けて、土を盛って・・
最終的にはこんな感じになった。
引きのレイアウトのような気もするし、
寄りのレイアウトのような気もする。

自分なりに拘った点は、流木中央に見える突起の部分。
この部分が憧れの山、槍ヶ岳にみえてしょうがなかったので、
ここがド真ん中になるように組んだ。
また、組んでみると全体がのっぺりした印象だったので、
変化付けに、水槽両隅の土を思いっきり盛り上げてみた。


b0024412_18541935.jpg








一応土止めのつもりで土手のグルりには、
プラ板を何枚か挿しておいたが、
これはあまり効果無いのかもしれない。



b0024412_1855850.jpg













ちょっとしたお遊びに、下草が植わった状態をシュミレートをしてみた。
これはキューバパールのイメージ。



b0024412_18572120.jpg













これはショートヘアーグラスのイメージ。



b0024412_1912115.jpg













そしてこれはグロッソスティグマのイメージ。
画像を縮小したら、どれもこれも同じに見えてしまったが、
水道水との相性や手入れのしやすさを考えると、
ショートヘアーグラスが無難かな? という気がしてる。
が、ソイルむき出しの状態もまた一興かな? とも思える。
例によって、なかなか考えがまとまらない。



b0024412_1953517.jpg












ちなみにレイアウト自体は横からの見た目を意識して作ったが、
実際、自分が見て楽しむのはこの角度。
上から見る、この箱庭的な雰囲気がたまらない。
オープンなフラット水槽にしてよかったと思う。


群れながら流木のトンネルをくぐってゆく極小美魚達。
プチ槍ヶ岳の登頂に成功し、てっぺんで一休みするエビ。
水槽端の急坂を上りきれず、途中で息も絶え絶えなチビコリ・・。
今はそんな妄想タイムが楽しい。
[PR]

by cube60 | 2008-10-21 19:35 | レイアウト作成


<< co2直添キットを買った      偽リリィ、それから・・ >>