2004年 11月 27日 ( 1 )

2004年 11月 27日
ついにお魚を投入した!
b0024412_21415212.jpg














水槽設置より約2ヶ月半、ついに念願の熱帯魚を購入した。
コリドラスピグマエウスを6匹。
通称チビコリドラスと言われるうちの一種で、
別名ピグミーコリドラスとも呼ばれる。
大人になっても2.5cmくらいにしかならない極小のコリドラスだ。


小型水槽用の魚と言う事で、
なにをおいても、まず小さい事が優先されたのだが、
定番とされるネオンテトラ等のカラシン系は、
同種での小競り合いが絶えないので却下、
グッピーやランプアイなどのメダカ系も考えたのだが、
やっぱり、ほのぼのとしたコリの魅力には敵わないと言う事で、
結局これになった。


b0024412_2143414.jpg






で、早速慎重なる水合わせの末、
MY水槽へと解き放ったのだが・・
ま~、何と言う愛らしさ!
底でじっとしていたのは最初の5分だけで、
それ以降はもう、所狭しと縦横無尽。
小さいながらもコリドラスの動きはそのままに、
ボトムを小突いてエサを探してみたり、
突然息継ぎ(?)に急浮上してみたり、
フニフニと中層を漂ってみたり、
シャワーカーテンの泡で滝登りを楽しんでみたり、
全ての仕草が可愛いったらありゃしない。


チビコリは臆病な為、
物陰に隠れて出てこないという評判とは反対に、
集合したり散らばったりしながらも、
しっかりこちらに姿を拝ませてくれるし、
おかげで初孫を迎えるおじいちゃんの如く、
カメラ片手に何枚もの写真を撮ってしまった。


b0024412_21471181.jpgb0024412_21473341.jpg







b0024412_21474951.jpg








また当初、そのあまりの小ささに、
ヤマトヌマエビに襲われてしまうんじゃ?
との心配もしていたのだが、それも全くの杞憂だったようで、
見てると、エビちゃん達の方が遠慮気味なくらい。
底を突っつくコリに激突されては、
ビックリして後ろへ後ずさっている。
このぶんだと当初の目標通り、エサの取り合いや縄張り争いの無い、
ほのぼのとした水槽に出来そうだ。



さて、この先しばらくは正念場である。
はっきり言って稚魚の生死なんて、
運任せみたいなところがあるので、(暴言?)
この先、彼らのうちの何匹が生き残ってくれるかは全く分からないが、
願わくば、皆そろって成魚になってもらいたいものだ。

■予告■ 次からは親バカシリーズが始まります。
[PR]

by cube60 | 2004-11-27 22:05 | チビコリ