2005年 10月 05日 ( 1 )

2005年 10月 05日
万策尽きる・・
隔離水槽の稚魚達がついに全滅してしまった・・
1匹、また1匹と日々落ちていたのだが、
先日、ついにラストの一匹が☆になってしまった。
一時はアルテミアもちゃんと食い、腹を赤く染める稚魚も出始めたので、
内心もう大丈夫! と、思っていたのだが、まことに残念である・・


毎日親水槽の水で水換えもしたし、(しかも点滴で)
スポイトでエサの残りも掃除したし、
勿論エアレーションもしていたし、
一体何がいけなかったのか?
やはりエサの問題だったんだろうか・・?


一方、親水槽に放置している稚魚達の成長具合はというと・・
これが今ひとつ良く分からない。


b0024412_23513429.jpg








親コリはあいも変わらず3日おきぐらいに産卵しているので、
(通算5回も・・)
親水槽内には、いつも産み付けられたばかりの卵や
生まれたての稚魚達が、あちこちにいる状態なのだが、


b0024412_2353145.jpg






それ以上に大きく育った稚魚はというと・・
どうもやっぱりいるようには思えない。
或いはどこかでひっそり育っているのだろうか?


10月以降は留守が多くなり、
毎日世話をする事も出来なくなるので、
今後は必然的に親水槽での放置飼育しか手がなくなるのだが、
このままでは展開的にかなり厳しい気がする。


b0024412_23573929.jpg







気休めに、小石やろ材で隠れ家をつくり、
モスや活着ミクロも一箇所に集め、
出来るだけ稚魚達が隠れられる場所を増やし、
(実際、この小石の中に何匹も稚魚が隠れている)
更には水槽内へ産卵箱の設置もし、
中に幾つかの卵を移して様子を見ているのだが・・


b0024412_2358959.jpg










いよいよ万策尽き果てた感のある、わが繁殖計画。
一方では新水槽の立ち上げも控えているので、
もういい加減、そちらにも着手しようかと思うのだが、
新水槽がちょうど立ち上がったその頃、
どこからともなく大きく成長した稚魚達が・・
なんていうのは、きっと叶わぬ夢なんだろうな・・
[PR]

by cube60 | 2005-10-05 00:18 | チビコリ