2005年 11月 06日 ( 1 )

2005年 11月 06日
どっこい生きてた!
b0024412_2124971.jpg














ありえない、ありえない、ありえない、絶対ありえない。
新設45センチ水槽の中に、ハステータスの稚魚がいた!
信じられない話だけど、これはどこからどう見てもハスの稚魚。
勿論、稚魚を移した覚えなどないし、
水草、底床、飼育水、アクセサリー等の移動もしていない。
なのになぜ!?



b0024412_2145912.jpg










唯一、考えられるとすれば、外部フィルターの移行に伴い、
その中に潜んでいた稚魚が移入した・・
という事くらいだが、それにしたって、
30キューブには吸い込み防止用のスポンジフィルターが付いているし、
よしんば、そこを通ったとしても、
外部フィルターから水槽内へ出てくるには、



b0024412_216660.jpgb0024412_2165043.jpg








「リングろ材」→「フィルターキッセン」→「エーハイメック」
→「荒目フィルター」→「インペラー」→「1.5mのホース」
→「シャワーパイプ」と、次々に難所を通過せねばならない。


b0024412_2183962.jpg








仮に百歩譲って通れたとしても、
ソイルベースの45水槽と田砂ベースの30キューブの間には、
水質的な変化だって相当あるし、(30cm=PH7 45cm=PH6)
おまけに、これまで45水槽の水換えにいたっては、
塩素中和、水温合わせなどの処置は一切していなかったし、
それ以前に、グロッソを植えるまではヒーターの電源すら切っていた・・
果たしてあのひ弱だったハスの稚魚が、
これほどまでの環境変化に耐えられるのだろうか・・?



30キューブで最後にハスの卵を確認してから、
もうかれこれ2週間以上は経つので、
発見された稚魚は最低でも2週間は生きているという事になるのだが、
その間、一体何を食べて生きていたのだろう?
もしかしたら、フィルター内のバクテリアでも食ってきたのだろうか?

せっかくここまで生き延びてきたのに、
うっかりフィルターから出てきたのが運の尽き・・
てな事にならなきゃいいのだけど・・



b0024412_2191455.jpg














一方、30Cの稚魚達はというと・・
もう随分長い間、姿を見ていない。
恐らく全滅してしまったのだろう。
今はただ、ミクロソリウムだけがやたらに繁茂している。
[PR]

by cube60 | 2005-11-06 21:23