2006年 01月 23日 ( 1 )

2006年 01月 23日
孵化2週間が経過したハステータス
b0024412_1859114.jpg












壁面にハステータスの卵4つを見つけ、祈る気持ちで、
「茶漉し隔離」にチャレンジしたのが、今からちょうど2週間前。
その後、ハスママは新たに2度の産卵をし、現在、水槽はこんな状態となった・・
左から初代稚魚が入っている茶漉し、2代目稚魚が入っている茶漉し、
3代目卵が入っている茶漉し。
産卵ごとに新しい茶漉しを設えていったら、結果こうなってしまった・・
(茶漉しは水位変動にアジャスト出来るように発泡スチロールに入れました。)


b0024412_18593275.jpg













気になる茶漉しベビー達の生存具合はというと、左端の茶漉しから、
1代目隔離の稚魚が3匹(孵化後2週間)、
2代目隔離の稚魚が4匹(孵化後5日間)、
3代目隔離の稚魚が1匹(孵化後直後&卵)、という具合。
最初の隔離から2週間が経過した今も、(魔の2週間とかいうらしい)
死んでしまった稚魚は、初代隔離組の1匹のみなので、(10日目に謎の突然死)
茶漉し隔離には、それなりの成果があったのだろう。


b0024412_1931925.jpg







右画像はプラケでチビハス♪さんより拝借

がしかし、稚魚達の成長スピードはといえば、これが非常に遅い・・
遅すぎるくらいに遅い・・ というかここ一週間は、ほとんど成長していない・・
上の写真はどちらも孵化後2週間のハス稚魚なのだが、うちのは明らかに発育不足。
現状、エサは乳鉢ですり潰した冷凍ベビーブラインを一日一回与えているのだが、
きっとこれが原因なのだろう。
本来ならば、もっと嗜好性がよく、栄養価も高い沸かしたてのブラインを、
小まめに与えるべきなのだろうが、諸々の事情でそれが出来ずにいるのだ・・


b0024412_1913329.jpg









と、そんな訳で、
今後もこんな感じで制約に縛られながらも、
可能な限りの試行錯誤をしてゆくつもりなのだが、
正直、この様子だとちゃんと成魚まで育つのかどうか怪しい気がしてきた・・
ちょっと次回の更新が怖い気がする・・





極小稚魚の初期飼料に関し、
ベタ飼育をされている方のサイトが参考になりそうだったので、自分用にメモ。
http://toyoama.jp/itinama-ikusei/infuzoria.htm
http://normani.hp.infoseek.co.jp/17fishfoods.htm
http://www.people-i.ne.jp/~patio/bettakouza/vol3.htm
http://normani.hp.infoseek.co.jp/neontetranikki01.htm
[PR]

by cube60 | 2006-01-23 19:42 | チビコリ