2008年 02月 29日 ( 1 )

2008年 02月 29日
チビ水槽の終焉

もう随分長い事、更新をサボっていたけれど、
その後、うちのチビ水槽がどうなったかといえば・・
実は・・  こうなっていた・・


b0024412_21282364.jpg

















水槽内は、どこもかしこもコケが生い茂り、モワモワのボッサボサ・・
見るも無残な状態になっていた・・
忙しさにかまけ、長い事水槽を放置していたのが、
こうなってしまった原因なのだが、
チビ水槽を立ち上げてより、すでに9ヶ月。
そろそろ維持の限界が来たのかもしれない。


b0024412_21293394.jpg











少しでも長く維持しようと、超分厚く敷いたソイルも、
既に半分近くが汚泥のように潰れ、こんなになってしまったし、
もう日常の手入れでは、どうにも追いつかない気がする。


b0024412_2130292.jpg














これなんかは、まるでコケを育てているようなものだ。
まさか、岩からこんなフッサフサのコケが生えてくるとは思いもしなかった。
引っ張ったくらいではビクともしない・・


一方、生体の方はといえば、
レッドシュリンプは相変わらず元気なのだが、
魚はたった一匹に減ってしまった。
見ていると、一番強い一匹が残りの者を絶えず追い掛け回し、
ストレス死に追いやってしまった気がする。
やはりこれだけの超小型水槽に、複数匹の魚は多かったのか・・。


あとパネルヒーターの追加報告をしておくと、これはもう完全に合格。
今年はしょっちゅう雪が降り積もるような寒い日ばかりだったが、
部屋の暖房を入れずとも、メモリは中間設定のMのままで、
毎日見事に25度をキープしてくれた。
予想以上の活躍ぶりだった。
以前御紹介した夏場用の自作ファンもあわせれば、
これで春夏秋冬、この超小型水槽を維持できる事になる。


近いうちに一旦この水槽はリセットし、次は新たな水槽でやり直すつもりだが、
稚魚隔離用水槽としてや、水草繁殖用水槽として、
また新たな活路が見いだせそうだ。
思えば、水量1ℓ未満の水槽で、しかも外掛けで、しかも貧弱なライトで・・
と、不安だらけのスタートだったが、なかなか楽めた水槽だった。
[PR]

by cube60 | 2008-02-29 21:35 | 水草