カテゴリ:水草( 82 )

2008年 11月 11日
水草たちの生長
注水より2週間が経過した。
いささか場当たり的ながらも、今では3種類の水草が入り、
それなりに将来の形がイメージ出来るようになったのだが、
さて肝心の水草達の生長具合はというと・・


b0024412_227014.jpg
















まずはベレン産ショートヘアーグラスから。
こちらは植栽より10日が過ぎ、今ではこのようになってる。
矢印部分が後から出てきた芽だが、
一週間を過ぎた頃から、いっせいにあちこちで芽吹き始めた。

そろそろ頃合を見て、バッサリやった方が良いのか?
それともこのまま放置でいいのか?
今、どっちにするかで悩んでいる。
一応、元株は水中葉という事なので、そのままでも良さそうなものだが、
一部ホコリが溜まったり、茶色く枯れたりしているので・・。


b0024412_2272663.jpg













次に同じタイミングで植えたテネルス。
こちらは植えた場所によって様相が異なってきた。
上はライトの当たらないところ(流木の影)のものだが、
ここのものは緑濃く、新芽も出てきている。


b0024412_2274628.jpg












がしかし、ライト直下のものはというと・・
黄色く変色し、先の方から溶けるように枯れてきた。
以前45cm水槽でやってた頃は、
いい感じに赤~緑に色付いていたのだが、今度のはちょっと感じが違う。
説明では「水上葉~水中葉」での出荷とあったので、
もしかしたら今は完全な水中葉に移行中だったりするんだろうか・・?


b0024412_2281750.jpg
















そしてお気に入りのサンタレン・ドワーフニムファ。
こういったスイレン系の植物は育てるのが初めてなので、
どういった生長をするのか興味津々だったのだが、
なんと植栽翌日には、早くも新芽(矢印)が出てきた!
観察してたら、もうこの2時間後には完全な葉っぱになってるし、
この先どこまで増えるのか、ちょっと心配なほど。
このペースだと、一ヵ月後には水槽中に広がっていそう・・


b0024412_2283957.jpg















あと書き忘れていたが、ほんのわずか水面から飛び出してる流木部分に、
チビ水槽のモスを乗っけておいた。
糸で縛りはしなかったが、一週間後の今は上へ立ち上がるように伸びてるし、
何とか活着しているみたい。
[PR]

by cube60 | 2008-11-11 22:25 | 水草
2008年 11月 06日
サンタレン・ドワームニムファを入れた
ショートヘアーグラスの植栽がひとまず完了し、
草原化へ向け、今はその生長を見守っている段階なのだが、
やっぱり水草一種じゃ寂しいかな・・?
と思えたので、新しい水草を追加する事にした。
買ったのは、サンタレン・ドワーフニムファという草。


b0024412_22301899.jpg
















フラット水槽という事で、あまり背が高くならず、
また、将来チビコリを投入した際良い隠れ家になる。
という条件で探していたのだが、これなら? と思えたので購入した。
因みにチャームでの説明はココ。


b0024412_2231890.jpg


















さっそく植えてみた。
思ってた通り、とても小粒で愛らしい。
葉っぱは、表がうす黄色、裏がピンク色をしており、
横から見ると、その両方の色が入り混じって見える。
ライトの光がうっすら透過する様子が、なんとも柔らかく繊細な感じ。
とてもとても気に入ったので、絶対枯れたり溶けたりしないで欲しい。


b0024412_22314851.jpg

















トンネルを抜けると、そこはニムファの森だった。
的なところを期待している。
[PR]

by cube60 | 2008-11-06 22:32 | 水草
2008年 11月 01日
ショートヘアーグラスを植えた
b0024412_22512782.jpg
















発注していた水草が到着した。
届いたのは、ベレン産ショートヘアーグラス3鉢と、エキノドルステネルスが3株。
いわゆるよくある草原化へむけ、ごく定番的な水草を買ったのだが、
実際植えてみると、どうなるだろう? 早速取り掛かってみる。


b0024412_22522339.jpg















まずはエキノドルステネルス(590円也)から。
最初、5株と聞き、もう少しボリュームがあると期待していたのだが、
実際はたったのこれだけ。
5株というのは思いのほか少なかった。


b0024412_22532727.jpg














とりあえず、こんな感じで流木周りに植えてみた。
エキノドルステネルスといえば、繁殖力旺盛で、
場合によっては、どんどん巨大化してしまう印象があるのだが、
出来れば、この大きさをキープし、更にはもう少し赤みを帯びてくれ、
欲を言えば適当にショートヘアーグラスと絡み、
上品な自然観をかもし出してくれたら・・ と思う。

チャームの説明によれば「水上葉~半水中葉での出荷」とあるので、
今後、完全な水中葉へ移行するにしたがい、
また違った生長を見せるのだろうが、
くれぐれもショートヘアーグラスを駆逐してしまうような事にだけは、
なって欲しくないと願う。


b0024412_22541651.jpg













次に、ベレン産ショートヘアーグラス(一鉢1680円也)に取り掛かってみる。
ご覧のように、可愛らしい素焼きの鉢に入っているのだが、
これをバケツの中でほぐしてみると、こんな感じになった。


b0024412_2255064.jpg

















まるでカツラか、はじけた栗か、スライスしたゴーヤみたいだが、
バラしてみると結構な量になった。
状態も凄く良いし、鉢で買ったのは正解だったかもしれない。


b0024412_2256596.jpg














これは植え終わったところ。 を、上から撮ってみたところ。
当初予定では、流木の背面には、小型のニムファか
オーストラリアン・クローバーなどを植えるつもりだったが、
沢山余してしまったので、全部ショートヘアーグラスになってしまった。
後ろの方は、また後から抜いてしまうかも知れない。


b0024412_22564230.jpg














横から見たところ。
予想以上の密度で植えられたので、草原化は意外に早いかもしれない。
植え方はこんなものでよかったのだろうか?


b0024412_22571952.jpg
















因みにベレン産ショートヘアーグラスでググってみると、
草体はカールするとかしないとか、背は高くなるとかならないとか、諸説紛々。
おそらく個々の環境によっても変わってくるのだろう。
出来れば、うちではあまり大きくはならず、
低く低く這うように育って欲しいのだが・・。

また調べてみると、ヘアーグラスは小まめなトリミングで
背を低く抑える事も可能とある。
そのへんのテクニックについても、今後試してゆきたい。
さて60F水槽の草原化、上手くいくのだろうか・・?


b0024412_22583382.jpg

















それから、ショートヘアーグラスを一束残した小鉢を、
外掛けフィルターの水流につけておいた。
絶対上手くいかないだろうが、こんなで水上葉になったら面白いかと思って。。
[PR]

by cube60 | 2008-11-01 23:01 | 水草
2008年 10月 04日
しばらくぶりの更新
忙しいやら何やらで、すっかり放置気味だった、このブログ。
例によって例のごとく、また今回も突然再開するわけだが、
まずは20cm水槽の近況報告から。。


b0024412_23545731.jpg
















この水槽、これまでご紹介してきたように、
モスオンリー水槽を実現すべく、二種のモスのみを配し、
その生長を、地~味に見守ってきたのだが、
実はこの夏、酷い状態にまで落ち込んでしまった。
連日の猛暑に耐えかね、モスは端からどんどん茶色く変色し、
溶け、漂い、そしてそれが雪のように降り積もる・・
といった、見るも無残な状態にまでなってしまった。


b0024412_23553437.jpg












幸い秋の訪れと共に、彼らは日増しに元気さを取り戻し、
今ではすっかり写真の状態にまで復活してくれたのだが、
辛い日々にじっと耐え、環境が好転するや、
ここぞとばかりに、爆発的に復活するさまは、
眺めていて本当に劇的だった。
とても勉強にもなった。
今後もこの水槽は、地味に長く見守ってゆきたい。







b0024412_23555814.jpg















秋の訪れとともに活性が上がるのは、水草も人も同じ・・
という訳でもないが、先日、また発作的に新しい水槽を買ってしまった。
ちょっと珍しい、60センチのフラットタイプ。
将来、アクアテラリウムも考えこれにしたのだが、
次に何をやるかは、まだ決めていない。
今は、あれをやろう、これをやろうと夢想し、
贅沢なひとときを楽しんでいる。

あんまり楽しいので、あるいはずっとこのまま・・
とも(ちょっとだけ本気で・・)考えてしまうのだが、
やっぱりそんなわけにはいかないので、
とりあえず作りかけの人形だけ入れておいた。


b0024412_23565314.jpg












この人形、スカルピーという、オーブン粘土で作っているのだが、
最近これにもちょっとハマっている。
ちなみに右のモデルはうちの猫。


b0024412_23574397.jpg














彼はとにかく好奇心旺盛で、新しいものは何でも触りまくる。
いつも、虎視眈々と何かを狙っている。
一時も目が離せない・・。
[PR]

by cube60 | 2008-10-04 00:09 | 水草
2008年 06月 29日
リシアストーンを使ってみた。
b0024412_21402469.jpg

















そんなわけで、随分久しぶりの更新となってしまったが、
またしても話題はモスSPについて。
(というかこれしかネタが無い)
今回は、このまえ一面のモス絨毯を実現すべく、
モスの増床計画を実行したので、それについてのご報告。。


b0024412_2142133.jpg












増床に使ったのは、定番、ADAのリシアストーン。
これに流木からむしりとったモスSPを、
釣り糸で何重にもグルグル巻き。
手こずりながらも全部で3枚のモスSPストーンが出来た。
がしかし、底一面を覆うには、あと5枚くらいは必要だろうか?
なかなか気の長い話である。


b0024412_214220100.jpg
















写真は活着させてより、既に2週間が経過したもの。
相変わらず育ちが遅いので、生長具合は今ひとつ分からないのだが、
枯れはしないので、きっと育っているのだろう。
多分また何かのきっかけで、突然増えるような気がする。


b0024412_21425159.jpg

















因みにこれは流木を水槽横から撮影したもの。
正面からでは気付かなかったが、
いつのまにかモスSPの中に、ノーマルモスが紛れて活着している。
水流に乗って運ばれたのだろう。
面白いので、このままにしておく事にする。。
[PR]

by cube60 | 2008-06-29 21:47 | 水草
2008年 06月 05日
絶好調なモスSP
b0024412_16233093.jpg















これまでの不調ぶりも、どこ吹く風。
復活したモスSP(国産)の勢いが止まらない。
あれよあれよという間に、こんなになってしまった。
育ちが遅いと噂のモスSPも、一旦元気になれば一気に増えるようだ。


b0024412_16245427.jpg












これがちょうど二ヶ月前、活着当初の様子なので、
今では、およそ2倍くらいに増えただろうか?
一旦黒ずんでしまった部分もすっかり回復したし、
コケる様子もない。


b0024412_16261040.jpg














小石に活着させた方のモスSPも、期待通りこんもりと膨らんだし、

b0024412_16265377.jpg













ノーマルモスの方も、トリミングをサボったわりには上手く膨らんだ。
そろそろ、またどこかで新しい石を拾ってき、
再度活着させる必要がありそうだ。
このペースで行けば、念願のモス絨毯も案外近いかもしれない。


b0024412_162817100.jpg















それから、活着より約二ヶ月が経ち、
全然知らなかったモスSPの性質が、少しは分かるようになってきた。
当初、流木にはくっ付かないと思っていたモスSPも、
実際には、どんどん這うようにへばり付いてゆくし、
どの説明にもあったような高光量も、うちの場合は必要がなかった。
液肥もあげなくなってからの方が調子が良い気がするし、
CO2も、どちらでもいい感じ。
モスは産地により名前や性質もマチマチで、種類も滅茶苦茶多いので、
なにより自分のモスに合う環境を見つけるのが一番な気がする。


b0024412_1630582.jpg

















未だ観察途中なので、この先の事は分からないけど、
とにかく今はそんな感じです。。
(ほら、照明、凄く暗いでしょ)
[PR]

by cube60 | 2008-06-05 16:32 | 水草
2008年 05月 20日
モスSPの復活と冷却ファンの設置。
b0024412_19282663.jpg















すっかり調子を落とし、あとは枯れるのを待つだけ・・
と、なっていたモスSPだったが、
信じられぬ事に、いつの間にかもとの青さを取り戻していた!
一時、葉の先端部分から茶色く変色しだし、
ポロポロと剥がれ落ちるまでになっていたのだが、
何が功を奏したのか、ほとんどもとの状態にまで復活してくれた。
一旦枯れだすと、復活はほぼ絶望・・(?)
と聞いていただけに、これは嬉しい!


b0024412_19393138.jpg














小石に活着させた分も(手前の分)、いい感じでモコモコと膨らんできたし、
剥がれ落ちて沈んだ分(右下隅)も、5倍くらいに増量しているし、
ここへきてモスSPの成長に、加速がついてきた感じ。
ノーマルモス(奥のやつ)も、順調にモサモサしてきたし、
いよいよモス水槽らしくなってきた。
このまま上手く夏を乗り切ってほしい。


それにしても分からないのは、
一体何が功を奏して回復したのか・・? という事。
やった事といえば、
ライトを弱めた(距離をだいぶ離した)
一度にやる水換えの量を減らした。(2分の1→4分の1へ)
汲み置きの水を使うようにした。
肥料をストップした。
くらいなのだが、なんせモスSPは反応も極端に遅いので、
何が良かったのかが、さっぱり分からない・・
私同様、モスSPの育成に苦労されてる方がおられれば、
少しでも参考に・・ と思うのだけど・・


b0024412_194540100.jpg















それから夏を乗り切るといえば、
これまでお世話になっていたパネルヒーターを撤去し、
いよいよ冷却ファンの設置を行った。
冷却ファンは去年使っていた物から、
今年は新たに一回り大きな物へとサイズアップしたのだが、
取り付け方や使用感は去年の物と一緒。
もし詳細の気になる方がおられたら、ぜひ去年の記事をご参照ください。
[PR]

by cube60 | 2008-05-20 19:50 | 水草
2008年 04月 30日
モスSP国産のその後。
b0024412_22495318.jpg
















しばらくぶりの御報告。。
まずは我が水槽唯一の水草(?)である、モスSP(国産)についてだが、
これが残念ながら最近になり、だんだん茶色く変色しはじめてきた・・
投入後、しばらくは好調を維持していたので、
このまま何事も無く育ってくれるものと期待していたのだが、
ここへきてまさかの大失速・・。 
ちょっと予断を許さない状態になってしまった。


当然、こうなってしまった原因など知るはずも無く、
素人考えで照明時間を変えたり、水流を変えたり、
あるいは肥料をストップしたりしてみたのだが、
色々やっても以前の緑は全然戻らず・・。
うちの水道水はちょっと硬度が高めなので、
あるいはこれが原因か? とも思ってみるのだが、
やっぱりモスは難しいなぁ・・ というのが正直なところ・・。


b0024412_22504052.jpg
















このまま枯れて滅んでいくのか・・
それとも黒ずんだまま育つのか? 全く予想はつかないが、
高価な水草だっただけに何とか復活して欲しい。


b0024412_22511252.jpg














かわってこれは、新たにノーマルモスとモスSP
(底に散らばってたやつ)を溶岩石に活着させて、
適当に底へ並べておいたもの。
このまま上手く成長し、モワモワ度がアップしたら、
その時また、見栄えの良い組み方を考えてみるつもりだが、
上へ積み重ねて、崖のようにするのも楽しそうだなぁ
・・と思う。 目標はモスオンリー水槽か・・?


因みに写真の状態は、活着後2週間が経過している状態。
ノーマルモスに限っては、ここらあたりで一度トリミングしておくと、
枝分かれが増え、モワモワ度が格段にアップするらしいので、
今度暇な時に、トリミングしてみるつもり。。
[PR]

by cube60 | 2008-04-30 23:02 | 水草
2008年 04月 15日
モスSPの育ち具合
b0024412_2243681.jpg
















育つのだろうか? 育たないのだろうか?
と、毎日不安に見守っていたモスSP(国産)だったが、
ここへきて、少しづつながらも変化が見えてきた。


b0024412_22135483.jpg
















これは今現在の様子だが、2週間前と比べ、
明らかに、こんもりと良い感じに膨らんできた。
葉先を薄くヘラのように伸ばし、熊手状に広がるのが特徴のようだ。
活着性はあまり良くないようなので、
このまま更にこんもりし、ドーム状に膨らむのかもしれない。
ノーマルでも南米でもない、独特の育ち方が観察していて楽しい。


b0024412_2252085.jpg














巻きつける際にこぼれ落ちたカスもこのとおり。
こぼれ落ちた先で、そのままボリュームを増している。
草体が割合重いので、流される事も無く、散らばる事も無く、
そのまま同じ場所で成長している。
このまま底一面に広がってくれたらさぞかし綺麗だろうが、
それにはあと2年くらいかかるかもしれない。


b0024412_225581.jpg













b0024412_226897.jpg














水上飼育していたショートヘアーグラスとキューバパールグラスは、今こんな感じ。
どちらも順調に新芽を出している。
特にキューバパールグラスは、ほんの残りカスみたいな状態だったのが、
パッと見でも、それと分るくらいにまでなってきた。
草体も完全に水上葉に変化したようで、
手で触ってみても、プリっと硬い手ごたえ。
ホントにちゃんと水上葉になるんだな~と、みょうに納得。。
[PR]

by cube60 | 2008-04-15 22:20 | 水草
2008年 04月 07日
ちょっと小細工を施してみたり。
モスSP(国産)を入れたはいいが、毎日見てても全然変化が無いので、
とりあえず水槽周りを弄ってみる事にした。


b0024412_22231587.jpg















CO2拡散機を、これまでの自作物から、
スドーのマイクロストーンにチェンジ。
別にこれまでの割り箸拡散機でも何の問題も無かったのだが、
ちょっとした気分転換に。
マイクロストーンの拡散具合はなかなか良好で、
シュワ~っと細かい気泡が立ち上る。
自作物より、ほんの少しだけ細かいかな?


b0024412_22235111.jpg












あとお約束として、背面に黒のアクリル板も張ってみた。
モスの緑もよく映えるし、なかなか良い感じ。
黒と緑のコントラストを眺めてたら、
底にはピンクテネルスなどを植えたくなってきた。
きっと似合うと思う。


b0024412_22241459.jpg













窓際で水上飼育していたショートヘアーグラスとキューバパールは、
なんだかちょっと新芽が出てきた様子。
ちょっと温度が低いような気がして、
温室効果を狙ってラップで覆ってみたのだが、
そしたら7~8度も温度が上がって、以来、変化が現れた。
ショートヘアーグラスの新芽もキューバパールの新芽も、
水上葉より色が薄くて、ライムグリーン色。
これから暖かくなると、もっと勢いが出てきそうな予感。


☆サルビニア・ククラータ、プレゼントの件☆

Tildaさんとtmktkさんから、お申し出がありましたので、
お二人にお送りさせていただきたいと思います。
emoticon-0154-mail.gif cubecube60@yahoo.co.jpまで、
送り先など御連絡くださいませ。
後日、郵便にてお送りいたします。感謝!!
[PR]

by cube60 | 2008-04-07 22:30 | 水草