「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:器具・アクセサリー( 50 )

2004年 11月 15日
流木を入れてみた!
b0024412_21413571.jpg














という訳で、
思いもよらず、衝動的に流木を手に入れてしまったのだが、
やっぱりというか何というか、
気が付けば無理やり水槽に放り込んでしまっていた・・



結構お気に入りだったスクリーム石をあっさりと撤去し、
その空いたスペースで、あ~でもない、こ~でもないと
流木をこねくり回して、ようやく設置位置が決定したのだが、
そしたら今度はおもむろに天空のモスプレートから、
残り僅かとなったモス片をむしり取り、


b0024412_21431278.jpg







(大往生だったモスプレート)



それをせっせと木綿糸で活着させた挙句、
あく抜き済みというショップの言葉をそのまま信じて、
いきなりドボンと沈めてしまっていた。



b0024412_21474982.jpg













しかしどうなんだろう?
いつの間にかコリ水槽を目指しているだけに、
あまり底面積が手狭になるのは困るのだが、
一応のスペースは確保したつもりだし、
流木もあえて縦置きにはせず、上に空間を空け、
中層魚の泳げるスペースもとってみたのだが・・。
[PR]

by cube60 | 2004-11-15 21:55 | 器具・アクセサリー
2004年 11月 14日
流木とアクアジャーナルを買った
うっかり「アクアショップ」などへ立ち寄るものではない。
ただぶらりと入ったつもりが、
思わぬ買い物をしてしまった。


流木1個とアクアジャーナル1冊。

b0024412_20361998.jpg












雑誌の方はまだ良いのだ。
しかし、流木などどうするつもりだろう?
メンテフリーのあっさりレイアウトを目指しておきながら、
こんな複雑な流木に手を出してしまうとは・・


30キューブ用にあつらえたとしか思えないような
絶妙な大きさ・形、既にアク抜き済みという点、
900円という こなれた値段に、
あんな事やこんな事(モス活着とか、ナナ活着とか)を想像して、
思わず衝動買いしてしまった。
こんなの入るスペースなんて何処にも無いのに・・
でも、きっと無理にでも放り込んでしまうんだろうな・・



PH7.0
10リットル換水
亜硝酸反応未だ無し・・
[PR]

by cube60 | 2004-11-14 20:45 | 器具・アクセサリー
2004年 11月 12日
レイアウト石とスクリーム

前々から気になっていたものの、
それが何なのかが分からなくて、いつも気持ち悪かったのだが、
今になってようやく それが何なのかが分かった。


「うちのレイアウト石とスクリームに出てくる怪物は似ていたんだ」
 と・・


b0024412_2313322.gif
[PR]

by cube60 | 2004-11-12 23:16 | 器具・アクセサリー
2004年 11月 01日
いぶきのシャワーカーテンを買った
アクアリストにとって必需アイテムである筈の「ブクブク」を
未だに一つも持っていなかったので、ネットにて発注、
そしてその商品が先日届いたので、早速セッティングしてみた。


b0024412_21593279.jpg















ウハ! とてもイイ感じ!
殺風景なレイアウトが違って見えてくる!
「シュワー」っと、炭酸水がはじけるような音で立ちのぼる
微細な泡のカーテンは、まるで巨大瀑布のよう。
見ていて全然飽きない。


2匹のエビちゃん達のシャカシャカ度も途端にアップしたようだし、
生体にとっても良いんだろう(多分)
これは良い買い物をした。
中景や後景を工夫して、
滝つぼ水景を狙ってみるのも面白いかもしれない。



と、独り盛り上がる私であったが、冷静に振り返ってみると、
一体私はどこへ向かおうとしているのだろう?
30キューブにCO2フルセット、強力クリップライト2つに、
外部フィルターも2つ、そして先回の湧水作成に今回のエアーカーテン・・・


b0024412_2263060.jpg











ん~ 支離滅裂・・・
なぜか琵琶湖の水草茂る南米ジャングルの奥地にある滝つぼの横でこんこんと湧き出る湧水に戯れるコリちゃんを表現したいのだろうか?
いや、違う気がする・・



【ポンプ】 水心の「SSPP-3」、
【エアーストーン】 いぶきの円柱タイプ、
【逆流防止弁】 テトラ
オールセットで3700円也。
[PR]

by cube60 | 2004-11-01 23:00 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 30日
ガラス蓋を買った
いざ魚を投入する段になってからでは遅いと、
かなり以前から準備していた、このガラス蓋。


b0024412_22491297.jpg









ショップで自分の水槽にあわせた大きさに
カットしてもらったものだが、(カット賃込みで1000円也)
今日になって始めて使ってみた。
うん、なかなか良い感じ。


b0024412_22493913.jpg










一角は給排水用の穴。
一角はCO2用。
もう一角は予備の為。
そしてあえて全体に隙間を設けたのは、
天空のモスを吊り下げる為だったのだ。
[PR]

by cube60 | 2004-10-30 22:51 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 26日
外部フィルターを連結してみた。
そんなわけで、アクア先生から譲り受けたエーハイ2213を、
手持ちのエーハイ2211と、どう連結させるか?
という事について色々考えてみたのだが、


頂戴した2213には、ホース・パイプ・ダブルタップ等の
アクセサリー類が一切付いて無いという事や、
ポンプ自体の水量の問題、置き場所の問題、
追加予算の問題、等々
諸事情を高次元カンピューターに放り込んでみた結果、


サブを2213、メインを2211、ろ材はそのままで、
2213用の細目フィルターと活性炭マットのみを新規購入。
という結論に達した。
本当であれば、サブの2211を物理ろ過専用とし、
メインの2213を生物ろ過専用としたかったのだが、
いたしかたない。


で、早速上記のバランスでセッティングしてみたら、
こんな感じになった。


b0024412_2305869.jpg













吸水パイプから吸い上げられた水は2213を通り、
メック→キッセン→サブスト→細目フィルター→活性炭マット
と通過した後、今度は2211へ入り、
粗目フィルター→ZICRA→サブストプロと通った末、
排水パイプへ出てゆく。


物理ろ過かと思ったら今度は生物ろ過で、
次に吸着ろ過だと思えば、またまた生物ろ過・・というお粗末さ。
ただ実験の結果、給排水自体には問題がなかったので、
とにかくこれで行く事にする。




因みに現在の水槽周りはこんな感じに。
避難所生活を続けているエビちゃん2匹は、
今日も元気に大量のフンをし、モスも変わらず爆殖中
in タライ。


b0024412_2335056.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-26 23:09 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 25日
エーハイムクラッシック2213を貰った。
b0024412_22132797.jpg











アクア大先生ことS氏
(過去同時維持水槽数5、含120×2、過去アクア関連出費100万超)に、
エーハムクラッシクフィルター2213(旧)を貰った。


よほどこの度の水槽大崩壊を気の毒思ってか、
ろ材のサブストラット+エーハイメック+キッセン
まで付けてくれるという大サービスぶりで、
私としても持つべき物は友だなあと、
いたく感激した次第なのだが、


さて、このプレゼントをどう利用するか?
無駄に使っていてはS氏に申し訳が立たないので、
よくよく考えてみたのだが、
試しにサブフィルターとして使ってみる事にした。
勿論、狙いはろ過能力のパワーアップ。


セッティングやら、新たに買い揃える物やら、
何かと面倒が多そうだが、これで、これから始まる(?)
コケとの100日戦争を優位に戦えるのならお安い物だ。
wakabayasiさんのを参考にするなどして、
いっちょ頑張ってみよう。


因みにメインを2211、サブを2213で仮組みしてみるとこんな感じ。
このパターンだと新たな出費も要らず、手っ取り早いのだが早計は禁物。
もう少しじっくり考えるのだ。


b0024412_22163752.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-25 22:28 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 09日
吉と出るか凶と出るか?
b0024412_10274120.jpg












2日間換水を怠っただけで、
一気にコケコケになってしまう水槽に業を煮やし、
立ち上げ直後には、決してしてはならないとされている事を、
いっぺんに全てやってしまった・・


今一つ信頼のおけなかった、自作カースポンジろ材を、
硝化バクテリア付のZICRAろ材に交換し、


b0024412_10282439.jpg






(作り方が悪かったのか?今ひとつな感じだったカースポンジろ材)


b0024412_1022434.jpg






(瞬時に硝化バクテリアが繁殖するというZICRAろ材・・)


フィルター付属の活性炭マットも、
もっと大きな市販の袋詰め活性炭へと交換し、


b0024412_10234098.jpg






(付属のマットは破棄)


更に水質を変化させるかもしれない、
得体の知れない石を、脈略も無く2個も投入し、
その関係で幾つかの水草には、破棄&位置変更してもらい、
ついでに前から気になっていた、
ラージパールグラスの変色している部分を全てカット&差し戻しし、


アルテルナンテラの葉の表面のコケコケを指でこそげ落とし、
底床の汚れを無理やりプロホースで吸引し、
給水口にスポンジフィルターを取り付け、


そしてとどめとしてガラス全面のコケ掃除の後、
フィルター内も含めた全換水を行った。
エビちゃん2匹が右往左往しているなかを・・


一体どれほどのダメージをあたえてしまったのか?
当然、フィルター内に繁殖中だった(であろう)、
ろ過バクテリアは全滅し、
エビや水草にも相当のストレスをあたえた筈。


でも、やらずにいられなかったのだ・・
今が辛抱のしどころとは知りつつも・・(バクテリア的に)
アクアの神様ごめんなさい・・


b0024412_10312588.jpg












で、結局こうなった・・


■ph6.4
NO2- 0.8mg/l
全換水
[PR]

by cube60 | 2004-10-09 10:55 | 器具・アクセサリー
2004年 09月 25日
ADA CO2アドバンスシステムの至福
b0024412_1114238.jpg











あふぅ~・・ 美しい・・
高かったけど、これを買ってよかった。
[PR]

by cube60 | 2004-09-25 11:18 | 器具・アクセサリー
2004年 09月 20日
カースポンジでろ材を作った
b0024412_9122985.jpg









照明問題にケリを付け、フィルター設置位置にもメドが立ち、
さあ、いよいよ底床作りに突入だ!
と思ったら、今度はろ材問題が浮上してきた。


ろ材に関してはS先生にエーハイラボなるろ材を頂戴し、
これを使うつもりでいたのだが、いざ貰ってみると何か違う。
もっと軽石的(サブストラットみたく)な物を想像していたのだが、
コレは岩石をそのまま砕いた物みたいで、
洗っても洗っても濁りが取れないし、臭いもキツイ。


大丈夫なのかな~?大磯みたくPHに影響しないんだろうか?
それに洗っているうちに、どんどん砂になってくし・・


と、そんな訳で、せっかく貰ったエーハイラボだったが、
コレは一旦保留する事にし、(ゴメン、S先生)
ネットで良いと噂されている「カースポンジろ材」の作成に着手した。


で、早速適当にスポンジを切り刻み、フィルターに入れてみたんだが・・
ウ~ム・・ これはこれで心配だ・・
一応抗菌加工はしてない筈だけど、本当に大丈夫なんだろうか?
それに使っているうちに溶けたりしないんだろうか?


ふぃ~・・ ビギナーには分からない事だらけ・・
なかなか前進しないな~・・



PS
それから、Nori Nori Diaryさんから初めて
トラックバックというものを頂いた。 とても嬉しい!
でも、こういった時はどうやってお返し(?)するのだろう?
トラックバック返し(?) トラックバックてどうやるのだ?
あ~、こっちの方も分からない事だらけ・・
急いで勉強しよう。


Noriさん、ありがとうございました。
キューブ仲間と知り合えて嬉しいです。
早速過去の記事から拝見せていただきますね!
[PR]

by cube60 | 2004-09-20 09:36 | 器具・アクセサリー