カテゴリ:レイアウト作成( 17 )

2008年 10月 28日
注水の儀
多くのアクアリストにとって、おそらく最もテンションの上がる瞬間。
それは注水の瞬間。
先日、秋のよき日に、いよいよ待ちかねた「注水の儀」を執り行った。。


b0024412_21225199.jpg













「チョロチョロチョロ~~」
手のひら越しに、恐る恐る注がれる水。
黒くなったソイルの輪が「ジュワ~」っと広がり、
「ツ~ン」とした土の香りが鼻を突く。
濁らずにすむだろうか?


b0024412_21243670.jpg














ほぼ三分の一まで注水を終える。
半陸半水状態。
見てると、テラリウム水槽みたいで凄くそそられてくる。
ここに沢蟹やめだかを入れ、流木にコケを乗せたらさぞ楽し・・
・・と、そんな妄想に耽る事しばし・・


b0024412_21252731.jpg














困った・・ 妄想はどんどん加速してゆく・・
流木のトンネルを楽しそうにくぐる、白めだか・・
陸地に乗り上げ、一休みする沢蟹。
後ろには大小様々の岩が組まれ、そこにはコケやツタ植物が・・
ついさっきまでヘアーグラス草原を夢見てたのに、
とたんにテラリウム願望が強くなる。
フラット水槽恐るべし・・


b0024412_2126773.jpg














強烈なテラリウム願望からようやく脱し、注水作業を終える。
心配した濁りはほとんど出ず、透明度高し。
ただやはりこの水槽に2213の水流は強かったらしく、
やむなくタップを40度くらい絞った。


b0024412_2126505.jpg













自作排水パイプ(左端)より吐かれた水は、
坂を下って流木のトンネルを通り、反時計回りに水槽を一周。
このくだり坂+流木のトンネルが、この水槽のメインストリートになる予定。
早くこのトンネルをくぐる沢蟹 極小美魚達が見たい。
[PR]

by cube60 | 2008-10-28 21:37 | レイアウト作成
2008年 10月 21日
60F水槽のレイアウトが決まった。
ふとしたきっかけで、アクアな友人より流木をいただいた。
それは全長40センチほどの、とても立派なもので、
どうみても私がこないだ購入した2000円流木より見栄えが良い。
なので、今回はこれをメインに組む事にした。


b0024412_18532383.jpg














縦置き、横置き、斜め置き・・、色々試した結果、
もらった流木は二つに切断し、(友よ許せ・・)
昔から持ってる手持ち分も合わせ組む事にした。
埋めて、傾けて、土を盛って・・
最終的にはこんな感じになった。
引きのレイアウトのような気もするし、
寄りのレイアウトのような気もする。

自分なりに拘った点は、流木中央に見える突起の部分。
この部分が憧れの山、槍ヶ岳にみえてしょうがなかったので、
ここがド真ん中になるように組んだ。
また、組んでみると全体がのっぺりした印象だったので、
変化付けに、水槽両隅の土を思いっきり盛り上げてみた。


b0024412_18541935.jpg








一応土止めのつもりで土手のグルりには、
プラ板を何枚か挿しておいたが、
これはあまり効果無いのかもしれない。



b0024412_1855850.jpg













ちょっとしたお遊びに、下草が植わった状態をシュミレートをしてみた。
これはキューバパールのイメージ。



b0024412_18572120.jpg













これはショートヘアーグラスのイメージ。



b0024412_1912115.jpg













そしてこれはグロッソスティグマのイメージ。
画像を縮小したら、どれもこれも同じに見えてしまったが、
水道水との相性や手入れのしやすさを考えると、
ショートヘアーグラスが無難かな? という気がしてる。
が、ソイルむき出しの状態もまた一興かな? とも思える。
例によって、なかなか考えがまとまらない。



b0024412_1953517.jpg












ちなみにレイアウト自体は横からの見た目を意識して作ったが、
実際、自分が見て楽しむのはこの角度。
上から見る、この箱庭的な雰囲気がたまらない。
オープンなフラット水槽にしてよかったと思う。


群れながら流木のトンネルをくぐってゆく極小美魚達。
プチ槍ヶ岳の登頂に成功し、てっぺんで一休みするエビ。
水槽端の急坂を上りきれず、途中で息も絶え絶えなチビコリ・・。
今はそんな妄想タイムが楽しい。
[PR]

by cube60 | 2008-10-21 19:35 | レイアウト作成
2008年 03月 28日
新水槽の始動
b0024412_22324660.jpg














そんな訳で、コケまみれとなってしまったチビ水槽に別れを告げ、
心機一転、新たな水槽でやる事にしたのだが、
小型水槽の魅力にドップリハマってしまった私は、
またしても、こんな小さな水槽を選んでしまった。


b0024412_22332046.jpg














ビバリアのクリスタルセイル200である。
前面が湾曲した20センチ水槽に、11Wライト、外掛けフィルター、
調整材、水温計がついた、よくあるお手軽オールインワンセットなのだが、
これに、これまで使っていたパネルヒーターと、自作冷却ファンを加え、
また次の一年を楽しむつもり。


b0024412_22395870.jpg














ちなみに、これまでのチビ水槽と並べてみると、こんな感じ。
水量的には、だいたい3倍くらいに増えるのだろうか?
何れにしても、またまた極小水槽でやるには変わりないが、
ちっちゃな水槽でチマチマやるのが性にあってるのだろう。
最近では大型水槽への欲もなくなってきた・・。


b0024412_22413149.jpg












まだまだ何をやるのかも決めてないのに、
見てたら辛抱たまらなくなり、
適当に余ってたソイルと流木を放り込んでみた。


b0024412_22422731.jpg















そしたら急に水も張りたくなり、更には浮き草も浮かべたくなり、
気付いたら、ろ材と生体の移動までしてしまっていた・・。
またしても、無計画に事を進めてしまったが、
こんなふうに気軽に遊べるのも、超小型水槽の良いところ。
と、無理やり思ってみる・・。


b0024412_22455941.jpg












生体と浮き草と、ろ材を発作的に移植してしまった都合上、
成り行き的にチビ水槽の解体作業も行う事になった。
ショートヘアーグラスとキューバパールの処置に悩んだが、
もったいないので、ガラスコップに入れて窓際で水上育成する事にした。


b0024412_22493715.jpg












土は、これまた余っていたソイルを使い、
コップの底には固形肥料も入れておいた。
コップをわざわざ水槽に入れたのは、猫にひっくり返されないようにする為。
なんせうちの猫ったら、作業してる間、ずっともの珍しげに見てたから・・


b0024412_22505863.jpg
[PR]

by cube60 | 2008-03-28 23:06 | レイアウト作成
2007年 05月 18日
久しぶりの更新
b0024412_1930431.jpg













悪夢の水槽破壊より、はや一年以上。
諸事情により、いまだアクア再開のメドは立ってないのだが、
そろそろアクアの無い生活も限界なので、
手持ちの器具を使って、なんちゃってアクア気分を味わう事にした。


b0024412_19304998.jpg













用意したのはビバリアの18cm水槽セットと、ADAのCO2システム。
アクアをやるには、あまりにもお粗末なセットだが、
なんとかこれでやってみる。


b0024412_19313126.jpg












まずは水槽にソイルを5cmほど敷き、
そこへ手持ちの石(名前は忘れた)をセッティング。


b0024412_1932065.jpg











石の周りにはソイルを追加し、
こんもりとした盛り上がりを作ってやる。
そう、なんちゃって石組みである。


b0024412_19332973.jpg












同時に水槽周りについてもセッティング。
スペース確保のため、水温計はフィルター内に隠し、
濾過力アップの為、カットしたスポンジを入れる。


b0024412_19335516.jpg












CO2の拡散には、スリムチューブに割り箸を挿したものを使用。
バレングラスでは大きすぎるので苦肉の策だったが、
これが思いのほか優秀。


b0024412_19344087.jpg











コックを捻ると、「シュワ~」と、
バレングラス以上の超微細な泡が立ちのぼった。
実質水量2ℓにも満たない、あまりに小さな水槽なので、
添加の加減がよく分らないのだが、
とりあえず7秒一滴くらいからやってみる。


b0024412_1935197.jpg












全体のセットとしてはこんな感じ。
生意気にもCO2、ライト、エアーはタイマーによる自動管理である。


b0024412_19355838.jpg











そして今回、水草にはキューバパールグラスとショートヘアーグラスをチョイスした。
どちらも初めての水草だが、たぶんこんな感じゃないかと、
洗面器で綿をほぐし、ピンセットで等間隔に植えてやった。


b0024412_19363642.jpg















で、そうやって出来たのがこの水槽。
製作時間、約2時間。製作費用は水草代のみと、
まさにその名の通りの「なんちゃって水槽」。
夏場へ向けての水温上昇、濾過力の弱さ、
光量不足、CO2のロスと、まだまだ問題は山積しているが、
もし上手く行くようなら、将来、生体の投入も考えたい。


それにしても、こんな極小水槽とはいえ、
久しぶりの立ち上げ作業は非常に楽しかった。
また一ヶ月後くらいに、無事結果報告が出来れば良いなぁ・・・
[PR]

by cube60 | 2007-05-18 19:49 | レイアウト作成
2005年 09月 14日
新水槽、頓挫中・・
b0024412_2235410.jpg
















                クリックで拡大します



水槽台問題に決着をつけ、底床の敷き分けも既に終わり、
さあ、あとはチャームで希望の水草を発注するのみ!
と思ったら、今になって色々と問題が生じてきた・・。


新しい水槽を立ち上げるあたっては、
現在稼動している30キューブの全て(装備・生体)を
そのまま新水槽へ移行するつもりだったのだが、
いざ着手してみると、そう簡単にはいかない事に気付いた。


新水槽がセッティング出来たとしても、
すぐに生体を移すわけにはいかないので、
水が出来るまでの間、新水槽と旧水槽は並行して維持する事になるのだが、
そうなると、色々と足りない物が出てくるのだ。



たとえば現状、サブ+メインとして使っている2本のフィルターは、
一時的に別々の水槽に設置しないといけないので、
そうなると、新しい延長ホースが必要だったり、
パイプが必要だったり、吸盤が必要だったりしてくる。
(しかもそれぞれ径が違っててややこしい)
2つの水槽を同時にエアレーションするにも、
(一方はバクテリアの為)
新たに分岐パーツやチューブ、ストーンなんかが必要だし・・。



更にそういった事以外にも、コンセントの確保や、
配線の取り回し、フローリングの凹み対策などの
新たな問題点も幾つか見つかって、
このぶんだと、新水槽への移行は、
もうちょっと時間がかかりそうなのだ。



そんなわけで訳でありまして・・・

b0024412_2251711.jpg











新水槽計画、ただ今頓挫中・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-14 22:14 | レイアウト作成
2005年 09月 10日
底床を敷く。
連日、メジャー片手に閉店間際のホームセンターを彷徨い、
あれでもない、これでもないと、
水槽台 (の代わりになるもの) を捜し続けていたのだが、
結局、思案の末選んだのは、アイリスオーヤマのメタルラックだった。


b0024412_22123890.jpg
















このメタルラック、幾人かのリンク仲間の方も使用されている、
いわば、水槽台としては定番的商品なのだが、
実は、メーカーでは水槽台としての使用を禁じていたりする。
一応75㎏まで耐えるとあるので、
私は自己責任のもと使用することにしたのだが、
(スポンジマットと合板を下に敷いて)
一抹の不安が無いわけではない。
紹介しておいてなんだが、
賢明な方は使わない方が良いのかも・・。




ラック問題がようやく解決(?)したので、
いよいよ念願のセッティングにとりかかった。
以下、その様子。


b0024412_22185410.jpg










空水槽にボール紙で仕切りを作り、
動かないように石で固定、
向こう半分へ、パワーサンド代わりに購入した※「パミス」を敷き、
上から、いくらか控えめに「イニシャルスティック」をばら撒く。

※パミス
園芸用の軽石。保水・排水・保温・通気に優れ、肥料分の吸着力に富んでいる。
水質に影響を及ぼさず、完全中性(らしい)。




b0024412_22201113.jpg










次に上からソイル(アマゾニアノーマル&パウダー)を
適当な厚さまで流し込み、
反対側にはブライトサンドを流し込む。



b0024412_2221353.jpg









b0024412_22202889.jpg










そして、両方の砂の高さが同じくなるようにならし、
1,2の、3でボール紙を引き抜いたら、
境目が崩れてこないように、溶岩石で固定。


b0024412_22281333.jpg












これにて作業は終了。
あとは水を張って、水草を植えるのみ。
作業内容と今後の段取りには、大いに不安を感じるのだが
とにかく、底床作業は完了したので、
これより水草のネット発注に取り掛かる事とする。。



注) 以上の作業は、なんちゃってアクアリストが聞きかじりの知識に基づき、
四苦八苦しながら水草水槽にチャレンジしている様子です。
必ずしも正しい事を書いている訳ではありませんので、
その点は、十分ご承知おきくださいませ。

[PR]

by cube60 | 2005-09-10 23:06 | レイアウト作成
2005年 09月 06日
レイアウトで悩む
b0024412_22305058.jpg













そんな訳で、、
来るべき新水槽の導入に思いを馳せながらも、
いつもと変わりないアクア生活を送っていたのだが、
このたび、懸案だった水槽台にも何とかメドがたったので、
いよいよ、これまで購入したアレコレを使って、
最終的イメトレを行ってみた。


のだが・・
これがいくら考えてみても、なかなか考えがまとまらない・・
一応、約束事として、ソイルとブライトサンドを敷き分け、
コリが遊べるスペースと水草スペースを分離し、
そのうえで30キューブで使っていた流木、ミクロ、溶岩石を移行する。
というところまでは決めたのだが、
そこから先がなかなか決まらない。



b0024412_2237749.jpgb0024412_22373251.jpg








今のところ自分的には、この組み方が良いかな?と思い、
厚紙を使ってソイルとブライトサンドの敷き分けをイメージしたり、



b0024412_22404778.jpg










こんなふうにフォトショで下手な想像画を描いてみたりするのだが、
そうしている最中にも、いや待てよ、やっぱりこっちかな?



b0024412_22421942.jpg








とか、
いや、むしろこっちだろう。



b0024412_2243468.jpg









とか、
う~ん、こっちも捨てがたいし・・


b0024412_22433595.jpg








とか、色々心変わりしだしてくる・・

ぶっちゃけ、有茎水草が本格的に茂りだしたら、
流木なんて埋もれてしまって見えなくなるんだろうし、
今の段階であまり造作にこだわってみても、
意味ないとは分かっているのだけど、
それでもやっぱりこだわってしまう・・


一体どうすれば一番幸せになれるのだろうか?
秋の夜長にあれこれ水景を思い巡らせるのは楽しいことだけど、
そろそろ明後日には水槽台も到着する事だし、
早くどうするか決めないといけないのだ。
とりあえず、砂でも洗って考え直すか・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-06 22:53 | レイアウト作成
2005年 08月 30日
新水槽、立ち上げへのプロローグ
b0024412_2234591.jpg














実に、ゴミ袋6袋分の廃棄物を排出しながらも、
どうにかこうにか、ようやく45cm水槽の設置場所を確保した。
現状では、空けたスペースにスピーカーを横倒し、
その上に空水槽を載せているだけなのだが、


近いうちになんらかの水槽台、
もしくは水槽台代わりになるものを見つけてくる予定。
その後は土入れ、フィルター回し、バクテリアの発生と、
まだまだ先の工程は長いのだが、とりあえずの第一歩である。。


という事で、せっかくなので「カカシ」さんのこの記事にTB。
でもうちとは比べないでくださいね・・




第一歩を踏み出したついでに、
来るべきレイアウトセッティングの日に備え、
キューブ水槽の流木2本を流用し、イメージトレーニングなんぞしてみた。


b0024412_2241393.jpgb0024412_22431282.jpg









b0024412_2248549.jpgb0024412_2249462.jpg










流石は黄金比に近い(?)横長水槽。
キューブ水槽と違い、「パパッ!」っと適当に組んでも、
それなりの見てくれになってしまう(気がする)。
これでここにミクロが絡んだり、
背景に色鮮やかな夕茎が茂ったりするのかと思うと・・
ウヒヒ・・ 横長水槽を買って良かった。





b0024412_22521319.jpg













それから、ご心配をおかけしたハステータスはみんな元気!
投入直後、7匹のうち3匹が立て続けに死んで、
一時はどうなることかと思ったが、
残った4匹は一日中元気に動き回っている。
身体つきもこんなに逞しくなったのだ。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-30 22:55 | レイアウト作成
2005年 08月 23日
新水槽の導入
          ~第2章の開幕~

b0024412_183255100.jpg
















b0024412_1834654.jpg











未来予想図も書いてみたりなんかしちゃったりして。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-23 18:38 | レイアウト作成
2005年 07月 23日
なんちゃってミストの会、入会
「ODKのお馬鹿Blog」さんの、この記事にトラックバック!

b0024412_2024739.jpg









ブリちゃんの「身投げ防止用ネット」を探しに
ホームセンターへ行ってみたのだが、適当な物が見つからなかったので、
代わりに、かねてからやろうと思っていた、「なんちゃってミスト」用の
「クラフトフィルム」を買ってみた。
さっそく持ち帰って水槽の裏面に張ってみたのだが、
「うん!」なかなかに良い感じ!


b0024412_20241456.jpg




















裏側の景色がやんわりとぼやけて、
ミスティーな味わいが、なんともいえないのだ。
欲を言えば、もう少し厚手のフィルムを選んで、
ぼかし具合を強くした方が良かったのだが、
費用対効果という点では絶大なものがある。
ODKさん、ナイスアイディアをどうもありがとう!


それから、写真のピグミーは例の抱卵ピグミー。
よっぽど腹が重たいのか、
最近はしょっちゅうミクロソリウムの葉の上で休んでいる。
動きも他のコリ達と比べたら、いかにもしんどそうで、
ここらへんは人間の妊婦さんと同じなんだなぁ~・・
と、思ってみたり。。


あと問題のモスだが、流木のモスは、
あまりに見苦しかったので、引っぺがしてしまい、
溶岩石のモスも、ちび水槽からモスドームのモスを、新たに巻きなおした。
(なぜか、窓際飼育の半放置モスドームは綺麗に育つのです・・)

この状態で照明を24Wから8Wに落とし、
しばらく様子を見てみるつもり。
今度こそは、うまく育って欲しいもの・・
[PR]

by cube60 | 2005-07-23 20:44 | レイアウト作成