「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2004年 10月 31日
スクリューバリスネリアを入れてみた。
10.22、悪夢の水槽大崩壊以降、
サブフィルターの導入、底床の変更、湧水の作成と、
メンテフリー水槽の実現に向けて、矢継ぎ早に色々やってきたのだが、
ここへきて、ようやく水の完成を待つ段階に入ったので、
少々、レイアウトに手を加えてみた。

先ずはコレ。


b0024412_20112131.jpg











スクリューバリスネリアなる水草の投入。
あまりにも水槽が「がら~ん」と寂しいので、
後景用にと手がかからなさそうな水草を選んだのだが、
後で調べてみると、琵琶湖に自生する国産種だった。
わざわざ購入する必要も無かったか・・?

次にコレ。


b0024412_2013124.jpg









モスプレートのワッサワサ感が限界に来ていたので、
トリミングをしたのだが、
その際に大量のモス片が出たので、
部屋に転がっていた小石に活着させてみた。
先回の流木同様、上手く付いてくれると良いのだが。


カットした後のモス片はこんな感じ。

b0024412_20142512.jpg








予想通りライトの当たらなかった根元部分は枯れて茶色くなっていた。
こんな状態でも、ここからまた再生するのだろうか?
再び天空のモス庭園にて様子を見てみよう。
と、こんな感じで私の水槽再生計画は進行中です。。



PH6.8~7.0
亜硝酸未検出
[PR]

by cube60 | 2004-10-31 20:20 | 水草
2004年 10月 30日
ガラス蓋を買った
いざ魚を投入する段になってからでは遅いと、
かなり以前から準備していた、このガラス蓋。


b0024412_22491297.jpg









ショップで自分の水槽にあわせた大きさに
カットしてもらったものだが、(カット賃込みで1000円也)
今日になって始めて使ってみた。
うん、なかなか良い感じ。


b0024412_22493913.jpg










一角は給排水用の穴。
一角はCO2用。
もう一角は予備の為。
そしてあえて全体に隙間を設けたのは、
天空のモスを吊り下げる為だったのだ。
[PR]

by cube60 | 2004-10-30 22:51 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 29日
田砂を敷いて湧水を作った。
エーハイ2213のサブフィルター化も
それなりに上手くいったので(多分)、
今日はいよいよ水槽に田砂を入れてみた。


これまで使っていた岩、流木、南米モス、
momoから貰ったアヌビアスナナの余り物も添えて、
仮のレイアウトで水を張ってみたのだが、


b0024412_1973733.jpg












何と水槽全体が明るくなったこと!
水も全然濁らない!
水草の育成という点ではソイルに劣るものの、
田砂のこの清涼感は、それだけで結構な魅力かもしれない。


このままこのスッキリ感を利用して、
京都龍安寺の庭園みたくするのはどうだろう?
コリドラスin 京庭園なんて面白いかもしれない。


b0024412_1981847.jpg









コリドラスといえば、コリ水槽の定番(?)である、
湧水にもチャレンジしてみた。
といっても、排水パイプのエンドキャップに
アドバンスシステムに付属していたチューブをねじ込み、
同じく付属の吸盤で底に固定しただけだが、



b0024412_199175.jpg
b0024412_1994080.jpg
b0024412_1995648.jpg








排水パイプの穴をいくつか指で塞いで水圧を高めると、
ちゃんと湧水っぽくなった。
これなら何とか使えそうなので、
今度、穴塞ぎ用のテープを買ってきて、
ちゃんとした物を作ってみよう。



b0024412_19102858.gif
[PR]

by cube60 | 2004-10-29 19:15 | レイアウト作成
2004年 10月 26日
外部フィルターを連結してみた。
そんなわけで、アクア先生から譲り受けたエーハイ2213を、
手持ちのエーハイ2211と、どう連結させるか?
という事について色々考えてみたのだが、


頂戴した2213には、ホース・パイプ・ダブルタップ等の
アクセサリー類が一切付いて無いという事や、
ポンプ自体の水量の問題、置き場所の問題、
追加予算の問題、等々
諸事情を高次元カンピューターに放り込んでみた結果、


サブを2213、メインを2211、ろ材はそのままで、
2213用の細目フィルターと活性炭マットのみを新規購入。
という結論に達した。
本当であれば、サブの2211を物理ろ過専用とし、
メインの2213を生物ろ過専用としたかったのだが、
いたしかたない。


で、早速上記のバランスでセッティングしてみたら、
こんな感じになった。


b0024412_2305869.jpg













吸水パイプから吸い上げられた水は2213を通り、
メック→キッセン→サブスト→細目フィルター→活性炭マット
と通過した後、今度は2211へ入り、
粗目フィルター→ZICRA→サブストプロと通った末、
排水パイプへ出てゆく。


物理ろ過かと思ったら今度は生物ろ過で、
次に吸着ろ過だと思えば、またまた生物ろ過・・というお粗末さ。
ただ実験の結果、給排水自体には問題がなかったので、
とにかくこれで行く事にする。




因みに現在の水槽周りはこんな感じに。
避難所生活を続けているエビちゃん2匹は、
今日も元気に大量のフンをし、モスも変わらず爆殖中
in タライ。


b0024412_2335056.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-26 23:09 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 25日
エーハイムクラッシック2213を貰った。
b0024412_22132797.jpg











アクア大先生ことS氏
(過去同時維持水槽数5、含120×2、過去アクア関連出費100万超)に、
エーハムクラッシクフィルター2213(旧)を貰った。


よほどこの度の水槽大崩壊を気の毒思ってか、
ろ材のサブストラット+エーハイメック+キッセン
まで付けてくれるという大サービスぶりで、
私としても持つべき物は友だなあと、
いたく感激した次第なのだが、


さて、このプレゼントをどう利用するか?
無駄に使っていてはS氏に申し訳が立たないので、
よくよく考えてみたのだが、
試しにサブフィルターとして使ってみる事にした。
勿論、狙いはろ過能力のパワーアップ。


セッティングやら、新たに買い揃える物やら、
何かと面倒が多そうだが、これで、これから始まる(?)
コケとの100日戦争を優位に戦えるのならお安い物だ。
wakabayasiさんのを参考にするなどして、
いっちょ頑張ってみよう。


因みにメインを2211、サブを2213で仮組みしてみるとこんな感じ。
このパターンだと新たな出費も要らず、手っ取り早いのだが早計は禁物。
もう少しじっくり考えるのだ。


b0024412_22163752.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-25 22:28 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 24日
田砂が到着した
b0024412_21455194.jpg











水槽再生への第一歩、田砂5Kgが到着した。
噂に違わぬ極細の明るい砂で、一見、川砂にも似ている。


b0024412_2155221.jpg







パッケージにある説明書きを読んでみると、


適度な比重で角も無い為、砂礫底を生息場所とする生物に最適。
微粒径の特性から水草の植栽、植え替えが容易。
PHや硬度に無影響で中性の性質。
有機成分を除去している為、水草育成には肥料が必要。


とあるが、 果たしてどうなんだろう?
目標としている、メンテナンスフリー且つ、
現在の器具をそのまま使用出来る、且つ、
そこそこの水草も楽しめる(項目増えた?)という水景が、
この底砂で実現可能なのだろうか?
おいおい考えてゆこう。。
[PR]

by cube60 | 2004-10-24 22:15 | レイアウト作成
2004年 10月 23日
新たなるスタート
今日、田砂を5キロ発注した。
水槽崩壊直後ではあったが、今すぐにでも次の手をうっておかないと、
このままアクア熱が萎んでしまいそうだったので、あえてそうした。


現在、次の水景は特に決まっていない。
ただ、今ある器具をそのまま流用するという事と、
極力メンテナンスフリーの方向で行くという事は決めている。
田砂を発注したのも、そのあたりを考慮しての事だ。


momo-loveのように、メンテフリーのナナ水槽にするとか、

b0024412_19264194.jpg











sumiさんのようにボトムに噴水を作ってコリ水槽にするとか、
モスオンリーのコケ水槽にするとか、
いっそのことエビ水槽にしてしまうとか、
方向性としては いくつかあると思うので、
また一から考えてゆこうと思う・・
[PR]

by cube60 | 2004-10-23 19:31 | レイアウト作成
2004年 10月 22日
水槽崩壊・・
b0024412_19485856.jpg











立ち上げ以前の画像ではない。
正真正銘、今現在の画像である・・


所用につき しばらく家を空けていたのだが、
水槽管理を家人に任せていたのがいけなかった。
久しぶりに再会した水槽は、見るも無残にコケまみれ・・


もう気力も残っていないので、
あえてリセットに至る詳細は説明しないが、
どうも家人がライトを消し忘れていたのが原因らしい・・
丸2日間も・・


立ち上げより一ヶ月、
亜硝酸値もようやくゼロとなり、水草達も勢いを増し、
さあこれから魚の投入といった この時であったが、
これにて無念のリセットである・・


幸い、2匹のエビ達は無事だったので、
タッパー内に、同じく被害の少なかった南米モスと共にサルベージしたが、
果たしてこれからどうしたものか・・?


b0024412_202763.jpg











これだけの費用と労力を費やしたアクアだけに、
今さら撤退する訳にはいかないし・・
同じ過ちを繰り返さない為にも、
今一度、メンテナンスフリーをテーマとした水槽環境を模索するか・・
[PR]

by cube60 | 2004-10-22 20:46 | レイアウト作成
2004年 10月 19日
上からの景色
b0024412_192843.jpg












水槽を上から覗くと、
水草達の様子が普段とは違って見えるのが面白い。


上から水槽を覗いていると、
まるで雲に乗って秋の野に浮かんでいるように思えてくる。


ここに魚が入ればどういう風に見えるのだろう?
上空を飛ぶ魚のように見えるのだろうか?
少なくともエビちゃんは鳥には見えなかったけど・・
[PR]

by cube60 | 2004-10-19 01:12 | 水草
2004年 10月 17日
水槽内に変な虫が・・
b0024412_2029550.gif








君は一体何なんだ?
どこから湧いてきた?
君なんか買った憶えは無いぞ。



白色
5ミリ
すばしっこい
S氏、これ何?
[PR]

by cube60 | 2004-10-17 20:34 | エビ