<   2004年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2004年 10月 16日
ウィローモスプレートを吊り下げた
爆殖状態にあるグロッソスティグマが、
南米ウィローモスの領土を侵犯してきたので、
プレートごと水槽上部へ吊り下げてみた。
如何にも急場しのぎな感は否めないけど、
当面はこれで何とかなるだろう。


b0024412_18581677.jpg










さあ、どうするヤマトヌマエビちゃん。
大好きなモスプレートがどこかへ行っちゃったよ。



と思ったら・・
あっという間に見つけて、3段飛びで乗っかった・・
良かったね、えびちゃん。
君にとっての天空の楽園だよ。


b0024412_194829.jpg










それはそうと、最近一段落して初めて気づいたのだが、
ADAの香りつきCO2ボンベは全く匂わない。
隣に芳香剤でも置いておいた方が全然マシじゃないのか?
[PR]

by cube60 | 2004-10-16 19:13 | 水草
2004年 10月 15日
亜硝酸値0デー!
b0024412_22404955.jpg







やった!
今日ついに亜硝酸が検出されなくなった!
昨日の検査画像と見比べていただきたいのだが、
換水を行っていないにもかかわらず、
亜硝酸レベルがオレンジから黄色へと変化した!
という事はつまり、「本日をもって水が完成した。」
といっても良いのではないだろうか?


苦節一ヶ月、一時は水作り段階での
ろ材総入れ替え&全換水という暴挙にも出てしまったが、
思いのほか早く水が完成したようだ!(多分)


ZICRAろ材のうたい文句通り、
瞬時にして硝化バクテリアが立ち上がった結果なのか、
それとも全換水にもかかわらず、
底床内や水草に硝化バクテリアが生き残っていて、
それが増殖した結果なのか、原因は定かではないが、
とにかくやっと水が安全レベルになった。(多分)
藻の発生具合や、2匹のエビの活性から見ても、
もう魚を投入しても大丈夫な頃だろう。


ああ、夢が膨らむ。
さて、ファーストフィッシュにはどんなお魚をいれよう?
一匹の死魚も出す事無く導入したいな~。
[PR]

by cube60 | 2004-10-15 22:43 | レイアウト作成
2004年 10月 14日
一日の最後に見る景色
水槽立ち上げから、そろそろ一ヶ月。
悪戦苦闘の連続だったけど、ようやく最近、何とか落ち着いた。
相変わらずセンスの無い水槽だけど、
今はこの景色を眺めながら眠りに付く事を、
一日の終わりの楽しみとしている。


b0024412_22295124.jpg













だけど、そろそろ魚を泳がしてみたいな~。
何が良いかな~?
アフリカンランプアイなんてどうだろう?
コリちゃんは絶対欲しいな。
淡水ふぐも面白そうだな~。


あ~、早く水質安定して欲しい。
もう少しって感じするんだけどな・・


b0024412_2232181.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-14 22:34 | 水草
2004年 10月 13日
イニシャルスティックを買った
グロッソスティグマの投入以来、
そのあまりの成長ぶりに、
土中の栄養分が全て吸い尽くされてしまうんじゃ?
という強迫観念に囚われてしまい、
底砂肥料の定番である、テトライニシャルスティックを買った。


b0024412_21161349.jpg










迂闊な肥料投入は諸刃の剣という事は承知しているし、
水も出来てない現状では、とても使う気にはなれないが、
どうせ必要になるだろうと思われたので、
このあいだショップへ行った際に買っておいた。


さあ、グロッソスティグマよ、いつでも来るがよい!
迎撃体制は整っている。




昨日、ヤマトヌマエビの抜け殻を初確認。
脱皮した本人(本蝦?)は吸水口の陰に隠れてずっと出てこず。
見ると、体の表面がテカテカしていて、
いかにも脱皮直後といった感じ。

このまま2~3日は隠れたままかな?
と思っていたら、今日、消灯した途端に飛び出してきて、
ウィローモスに直行した。(笑)
脱皮直後は身体が軟いので、用心してるのかな?
[PR]

by cube60 | 2004-10-13 21:19 | 水草
2004年 10月 11日
釣りとアクアリウム
私のもう一つの趣味は魚釣り。
今日も近くのダム湖へと竿を出してきたのだが、
アクアにハマるようになってからというもの、
いつもの釣り場の景色が少し違って見えるようになってきた。


たとえば、
川辺のこんな石ころを見ては、


b0024412_21474655.jpg








石組みレイアウトにどうなかな~?
なんて考えてみたり、

ボートの下をのぞき込んでみては、
水中草を発見し、


b0024412_21482336.jpg








これなんか持ち帰ってみてはどうだろう?
なんて考えてみたり。。


フィールドで、インドアのアクアを想い、
アクアの水景に、フィールドの景色を重ねる。
最近の私は、そんなクロスオーバー状態なのだ。





それはそうと、最近グロッソの成長がすさまじい。
競い合うようにヨコヨコ移動を繰り返しては、
領土拡大を続ける彼らなのだが、


b0024412_2149837.jpg





時々あらぬ方向へ行く奴がいたりするので、
その都度、空いているスペースへ植えなおしてやる。


b0024412_2150286.jpg






すると、地中ではこんなにも深く根を張っていたりして、
その生命力にとても驚かされたりする。


最初、こんなちっぽけな葉っぱに、
「グロッソスティグマ」 なんて仰々しいネーミングじゃ、
明らかに名前負けじゃん! なんて思ったりもしたが、
今では そういう事だったのか。
と、妙に納得している。
(ぜったい違う)
[PR]

by cube60 | 2004-10-11 21:56 | 水草
2004年 10月 09日
アクアリウムと登山
b0024412_19493958.jpg












私の密かな趣味である山登り。
今年の夏も北アの燕岳へと登りに行った。


その時、山頂で見たのがこの景色。
「こんな景色を水槽内に再現したい!」
と思ったのが、
そもそも私がアクアリウムに手を出したきっかけ。


b0024412_1951827.jpg










つまり、下山後たまたま目にしたADA水景画の一枚が、
とてもこの時の景色に似ていて、
私にも作れるかな? と、思ってしまった訳。


b0024412_19515941.jpg











現状、MYレイアウトは果てしなく迷走中だけど、
いつかは私も こんな水景が作れるようになるのかな?
[PR]

by cube60 | 2004-10-09 19:58 | ADA関連
2004年 10月 09日
吉と出るか凶と出るか?
b0024412_10274120.jpg












2日間換水を怠っただけで、
一気にコケコケになってしまう水槽に業を煮やし、
立ち上げ直後には、決してしてはならないとされている事を、
いっぺんに全てやってしまった・・


今一つ信頼のおけなかった、自作カースポンジろ材を、
硝化バクテリア付のZICRAろ材に交換し、


b0024412_10282439.jpg






(作り方が悪かったのか?今ひとつな感じだったカースポンジろ材)


b0024412_1022434.jpg






(瞬時に硝化バクテリアが繁殖するというZICRAろ材・・)


フィルター付属の活性炭マットも、
もっと大きな市販の袋詰め活性炭へと交換し、


b0024412_10234098.jpg






(付属のマットは破棄)


更に水質を変化させるかもしれない、
得体の知れない石を、脈略も無く2個も投入し、
その関係で幾つかの水草には、破棄&位置変更してもらい、
ついでに前から気になっていた、
ラージパールグラスの変色している部分を全てカット&差し戻しし、


アルテルナンテラの葉の表面のコケコケを指でこそげ落とし、
底床の汚れを無理やりプロホースで吸引し、
給水口にスポンジフィルターを取り付け、


そしてとどめとしてガラス全面のコケ掃除の後、
フィルター内も含めた全換水を行った。
エビちゃん2匹が右往左往しているなかを・・


一体どれほどのダメージをあたえてしまったのか?
当然、フィルター内に繁殖中だった(であろう)、
ろ過バクテリアは全滅し、
エビや水草にも相当のストレスをあたえた筈。


でも、やらずにいられなかったのだ・・
今が辛抱のしどころとは知りつつも・・(バクテリア的に)
アクアの神様ごめんなさい・・


b0024412_10312588.jpg












で、結局こうなった・・


■ph6.4
NO2- 0.8mg/l
全換水
[PR]

by cube60 | 2004-10-09 10:55 | 器具・アクセサリー
2004年 10月 08日
アクアの神様お許しください
アクアの神様、どうかお許しください。
これから私は、とんでもない暴挙に出ます・・


b0024412_1943676.jpg












■今日の買い物

ZICRA 硝化菌バクテリア付ろ材
スポンジフィルター
謎の石2個セット
コケクロス
スポイト
アクアジャーナル
[PR]

by cube60 | 2004-10-08 19:07 | その他
2004年 10月 05日
亜硝酸レベルがピークに!
昨日投入したヤマトヌマエビの働きっぷりといったら、
それはもう見事なものである。

ソイルの一粒一粒をお手玉の如く転がしては綺麗にし、
コケのかぶった葉の上に乗っかっては、ペタペタと汚れを落とし、
お前、それは無理だろう。というような、
ガラスの壁面も、ツルツル滑りながらシャカシャカと掃除し、
正に八面六臂の活躍を見せている。
この分だと水槽からコケを一掃する日も近いかもしれない。
と、そんな気にさせるほどの活躍ぶりである。



ところで、亜硝酸レベルの方はどうなっているだろう?
初生体も投入したことだし、そろそろ定期的にチェックが必要かもしれない。
と、久しぶりにテトラ試薬で測ってみた。
ら・・。


b0024412_22323594.jpg










ぐあああ・・
測定限界に近いくらいの真っ赤っか・・
これは流石にヤバイかも?!
と、慌てて半分ほど換水、
一息ついた後、よくよく考えてみたのだが・・


老廃物→アンモニア→亜硝酸→硝酸塩→水完成

というプロセスにおいて、
既にアンモニア発生の段階は過ぎて、
いつの間にか亜硝酸発生のピークにきているのかもしれない。

生体投入からたった一日で フン→亜硝酸へ変化するとも思えないし、
枯れ葉や何かから、既にアンモニアが発生していたのか?

だとすれば最近急にコケが発生し始めたのも頷けるし、
どことなく水草に元気が無いのも頷けるのだが・・。
これは順調に(?)硝化プロセスをたどっていると考えていいのか?

今後はマメに亜硝酸レベルをチェックをし、
エビが死なない程度に換水を心がけよう。
[PR]

by cube60 | 2004-10-05 22:40 | その他
2004年 10月 04日
初めての生体投入。
2日間家を空けている間に水槽に異変が生じていた。
水は薄く緑がかり、グロッソの表面にはうっすらとホコリのようなコケがかぶり、
ウィローモスの一部は枯れて茶色くなり、
アルテルナンテラの節から伸びる根には
緑色のモヤモヤしたものが絡み付いていた。
見た感じ何れも軽症のようだが、たった2日間の出来事である。


立ち上げ直後はろ過能力も低く、
ソイルからも余剰な養分が染み出る為、
コケが発生しやすいとは聞くが、全く頭にくる。


急いで半分ほど換水し、
ガラス表面のコケもこそげ落とし、
水草に絡んだモヤモヤをピンセットで取り除いてみたが、
どうせまた同じ事の繰り返しだろう。


こうなったら!
という訳で、まだ少し早いかとは思ったが、
近くのホームセンターで、対コケ要員として、
ヤマトヌマエビ2匹(400円!)を調達してきた。


b0024412_2137023.jpg








ショップの水と水槽の水とでは、PHにかなりの差があったので、
延々5時間もかけてPHを合わせた後、


b0024412_2134420.jpg





(左がショップの水、右が水槽の水)


やっと水槽に放ってみたのだが、
果たして彼らは期待通りの活躍をしてくれるのだろうか?
先程からパールグラスやらロタラやらの、
柔らかい所ばかりを食ってるようだが・・


b0024412_21372939.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-10-04 21:39 | その他