<   2004年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2004年 11月 12日
レイアウト石とスクリーム

前々から気になっていたものの、
それが何なのかが分からなくて、いつも気持ち悪かったのだが、
今になってようやく それが何なのかが分かった。


「うちのレイアウト石とスクリームに出てくる怪物は似ていたんだ」
 と・・


b0024412_2313322.gif
[PR]

by cube60 | 2004-11-12 23:16 | 器具・アクセサリー
2004年 11月 11日
イニシャルスティックを初投入してみた。
b0024412_19105281.jpg










先日、定番底床肥料であるところの、テトライニシャルスティックを
スクリューバリスネリアの根元部分に初投入(4粒)してみた。


流石にスクリューバリスネリアにとっても、
田砂+肥料無しという環境では貧栄養だったらしく、
最近になってちょっと葉の色が抜けて茶色くなっていたのだが、
投入後、たった3日くらいで元の色に戻った。
素晴らしいな、テトライニシャルスティック!





エビが先か、ウィローモスが先か…。

↑それから、うちの南米モスの食害は、やっぱり本当に食害だったみたい。
しっかし、「デンタルフロス」とは、言い得て妙だよな~^^
[PR]

by cube60 | 2004-11-11 19:17 | 水草
2004年 11月 09日
亜硝酸の発生を待つ間に。。
というわけで、、
亜硝酸の発生を待つ間 暇なので、
エビをシャワーで吹き飛ばしたり、
モスを増殖させたりして遊んでいる私なのだが、
最近になって少し気になる事がある。
それは南米モスの事。


どうもうちの南米モスが、
ヤマトヌマエビの食害に遭っているようなのだ。
普通、南米モスといえば扇状に広がる葉が特徴的で、
実際うちのモスも最近まではそうだったのだが、
このところ扇状の部分が ほとんど食われてしまい、
ただのひもになってきてる・・


b0024412_22104236.gif







まあ、エビちゃんにしてみれば、
以前のように、あちこちに茶コケやひも状コケがある訳じゃなく、
唯一、モスを食うしか無いのだろうが、これにはちょっと困りもの。
まさかメンテフリーを謳ったコケ撲滅作戦に
こんな形の弊害が伴うとは思ってもみなかった・・
[PR]

by cube60 | 2004-11-09 22:17 | 水草
2004年 11月 08日
南米モスを活着させた
 『水清ければ魚住まず』
  というのが諺にはあるが、さしずめ私の水槽の場合、


 『水清ければバクテリア住まず』
  というところだろうか・・


今日も今日とて亜硝酸の発生を待ちわびてみるのだが、
やっぱり今日も反応は無し。
水道水のようにサラサラの水は
どこをさがしてもコケのコの字も見つからず、
全く生命感というものが感じられないのである・・



がしかし、そんな中でも南米モスだけは大元気。
貧栄養も何のそので、入手以来、
繁茂させては活着させての自転車操業が続いている。
また今日も新たな園芸マットに活着させておいたので、
1ヵ月後には見事なモスジャングルになっいる事だろう。


b0024412_0251995.jpg
[PR]

by cube60 | 2004-11-08 00:33 | 水草
2004年 11月 06日
亜硝酸の発生を待つ間に。。
2度めの水槽立ち上げより約1週間。
未だ亜硝酸は検出されず、
ろ過バクテリアの誕生を待つ日が続く。


1度めの立ち上げ時(アマゾニア+有茎草沢山+生体無し)には、
1週間で発生した亜硝酸も、
今回のように、有機物を全く含まない
田砂+アヌビアスナナという組み合わせでは、
その発生もかなり遅れる様子。


少しでも早く発生させようと、
あえて水換え時に底床の掃除をしなかったり、
枯れ藻を取り除かなかったりしてみるが、
それもあまり効果的とは言えないみたい。


極力メンテのいらない、
スローな飼育環境を目指しているだけに、
水の完成もスローにならざるを得ないのだろう。
あれほど悩まされたコケに、
今では全く無縁でいられるのはありがたいが、
水だけは早く完成してもらいたいものだ。
でないと次のステップに進めない。






水を待つ間ヒマなので、毎日エビを観察したり、
モスの伸び具合を観察したりしているのだが、
今、どうしても撮りたい映像がある。


それは、最近導入した「いぶきのシャワーカーテン」に
エビが乗っかったのを見計ってスイッチを入れ、
シャワー圧に吹き飛ばされる
お間抜けなエビを激写するというもの。


その瞬間を捉えるべく、
日夜カメラを片手に待ち構えているのだが、
これがなかなか思うようにいかない。
せっかく撮れたと思ってもフレームから外れていたり、
ピントが合ってなかったり、エビがしがみついて吹き飛ばなかったり・・



このままでは、せっかくそれ用にと取得した
ヤフーのアカウントがムダになってしまうので、
とりあえず何の変哲も無いが、
ただの水槽動画をアップしておく事にする。
エビが吹き飛ぶ瞬間はまた今度なのだ。


ヤフーブリーフケース
[PR]

by cube60 | 2004-11-06 15:55 | 水草
2004年 11月 01日
いぶきのシャワーカーテンを買った
アクアリストにとって必需アイテムである筈の「ブクブク」を
未だに一つも持っていなかったので、ネットにて発注、
そしてその商品が先日届いたので、早速セッティングしてみた。


b0024412_21593279.jpg















ウハ! とてもイイ感じ!
殺風景なレイアウトが違って見えてくる!
「シュワー」っと、炭酸水がはじけるような音で立ちのぼる
微細な泡のカーテンは、まるで巨大瀑布のよう。
見ていて全然飽きない。


2匹のエビちゃん達のシャカシャカ度も途端にアップしたようだし、
生体にとっても良いんだろう(多分)
これは良い買い物をした。
中景や後景を工夫して、
滝つぼ水景を狙ってみるのも面白いかもしれない。



と、独り盛り上がる私であったが、冷静に振り返ってみると、
一体私はどこへ向かおうとしているのだろう?
30キューブにCO2フルセット、強力クリップライト2つに、
外部フィルターも2つ、そして先回の湧水作成に今回のエアーカーテン・・・


b0024412_2263060.jpg











ん~ 支離滅裂・・・
なぜか琵琶湖の水草茂る南米ジャングルの奥地にある滝つぼの横でこんこんと湧き出る湧水に戯れるコリちゃんを表現したいのだろうか?
いや、違う気がする・・



【ポンプ】 水心の「SSPP-3」、
【エアーストーン】 いぶきの円柱タイプ、
【逆流防止弁】 テトラ
オールセットで3700円也。
[PR]

by cube60 | 2004-11-01 23:00 | 器具・アクセサリー