<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2005年 08月 30日
新水槽、立ち上げへのプロローグ
b0024412_2234591.jpg














実に、ゴミ袋6袋分の廃棄物を排出しながらも、
どうにかこうにか、ようやく45cm水槽の設置場所を確保した。
現状では、空けたスペースにスピーカーを横倒し、
その上に空水槽を載せているだけなのだが、


近いうちになんらかの水槽台、
もしくは水槽台代わりになるものを見つけてくる予定。
その後は土入れ、フィルター回し、バクテリアの発生と、
まだまだ先の工程は長いのだが、とりあえずの第一歩である。。


という事で、せっかくなので「カカシ」さんのこの記事にTB。
でもうちとは比べないでくださいね・・




第一歩を踏み出したついでに、
来るべきレイアウトセッティングの日に備え、
キューブ水槽の流木2本を流用し、イメージトレーニングなんぞしてみた。


b0024412_2241393.jpgb0024412_22431282.jpg









b0024412_2248549.jpgb0024412_2249462.jpg










流石は黄金比に近い(?)横長水槽。
キューブ水槽と違い、「パパッ!」っと適当に組んでも、
それなりの見てくれになってしまう(気がする)。
これでここにミクロが絡んだり、
背景に色鮮やかな夕茎が茂ったりするのかと思うと・・
ウヒヒ・・ 横長水槽を買って良かった。





b0024412_22521319.jpg













それから、ご心配をおかけしたハステータスはみんな元気!
投入直後、7匹のうち3匹が立て続けに死んで、
一時はどうなることかと思ったが、
残った4匹は一日中元気に動き回っている。
身体つきもこんなに逞しくなったのだ。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-30 22:55 | レイアウト作成
2005年 08月 26日
雑誌に紹介された
b0024412_209476.jpg












8月25日発行、宝島社の「成功例に学ぶ!アクセスが10倍になるブログ」
という雑誌に、弊サイトが紹介された。
1ヵ月程前、非公開コメントにて掲載の申し入れを受けたのだが、
その際、嬉恥ずかしくも承諾させていただいたので、
今回、当該雑誌を送っていただくとともに、掲載のはこびとなった。


b0024412_2010222.jpg













掲載ページは、「趣味こだわり系ブログ」と題されたページ。
中にはいろんなジャンルの趣味ブログが紹介されているのだが、
星の数ほどある趣味ブログの中から、
なぜマイナーなアクア系ブログなのか?
そして、なぜうちだったのか? は全くの不明・・。
もしや編集者の方がアクアリストだったのかも・・?


それにしても、その紹介文というのが妙に照れくさい・・
「自然の生態系を水槽の中に再現したアクアリウム・・」
とは・・

ホントは、アクア初心者が四苦八苦する様子を
恥ずかしげも無く晒し続けているだけのサイトなのに・・
この紹介文を読んで初めてここへ来られた方に、
うちのブログはどう映るのだろう?
ちょっと怖い・・


※追記。
あとからよく読んでみれば、もう一頁掲載されているページがあった。
やはり編集者はアクアリストかも・・

b0024412_21262596.jpg 


















閑話休題。。

前記事にて「第2章の開幕」などともったいぶってしまったが、
私としては、第2水槽にチャレンジするつもりはなく、
今ある30キューブの中身、装備を、
そのまま45水槽へ移行しようかと思っている。
何かと制約が多く、思った水景が作り辛いキューブを離れ、
新たに横長水槽でやり直してみたくなったのだ。


b0024412_20195053.jpg










なので自然、これまでの「流木+ミクロソリウム+極小魚」という路線は
そのまま継続しつつ・・という事になるのだが、
新たに部分的にソイルを用いて有茎種にチャレンジしたり、
新魚を投入したりと、少しばかりは遊ばせてもらう計画でもあるので、
そちらのほうを楽しみにしたい。


移行に伴っては、水質的な変化も想像されるので、
水草、魚、バクテリアへのダメージを考えると、
とても一筋縄ではいかない気もするのだが、
まあ、ぼちぼち段取りを考えつつやってみる。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-26 20:27 | その他
2005年 08月 23日
新水槽の導入
          ~第2章の開幕~

b0024412_183255100.jpg
















b0024412_1834654.jpg











未来予想図も書いてみたりなんかしちゃったりして。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-23 18:38 | レイアウト作成
2005年 08月 20日
ハステータスその後。
あれからしばらく、、
また新たに一匹のハステータスが死んでしまった・・
この子がそうなのだが、

b0024412_229265.jpg












頭の白く凹んだ部分(傷?)が突然赤く変色したかと思うと、
そのまま、あっさり☆になってしまった。
購入時より、あちこちに傷をもっていた子だったので、
もしや!・・とは思っていたのだが、不安は的中してしまった。
この命、あるいは私の対処次第で救う事が出来たのかも・・?
と思うと、つくづく力不足を感じてしてしまう・・。


b0024412_2211289.jpg











と、暗い話しはここまで。
なんとか生き残ってくれた子達は、みんな元気。(と思いたい・・)
いまだ分別がつかないせいなのか、全く人を恐れる気配も無く、
日がな一日、可愛い仕草をふりまいている。

思い返せばピグミーもまた、最初はそうだったので、
この楽しみが、今度、いつ再び「ホフク前進」に変わるかは分からないのだが、
それまではせいぜい、愛らしい姿を楽しませてもらう事にする。


b0024412_22174161.jpg












因みにハステータスの大きさはこんなもの。
ピグミーよりもブリジッタエよりもまだ小さく、ほんの小指の先ほどの大きさ。
こんな彼らが、しきりに底をついばんだり、ミクロソリウムの葉裏を掃除したりと、
コリ族独特の動きを見せてくれるのだ。
その愛らしさを想像して欲しい。

より可愛らしい姿を見たい方はU'sCAFEさん内の、コチラのコーナがお勧め。
ピグミーやハステータスの極上動画が堪能できる。




b0024412_22201676.jpg













次に魚体のアップ。
よく見ると半透明にうっすらと透けて見えている。
この白銀の姿が、水草の合間をヒラヒラと舞うさまは、
本当に愛らしい。
尾っぽの付け根に黒く十字マークが入るのも、ハスの大きな特徴。


b0024412_22251472.jpg











ピグミーに囲まれるハステータス。
行動パターンはほとんど似通っているのに、
なぜか一緒には群れず、同種同士で固まるのが面白い。
色もハスとピグではこんなにも違う。

b0024412_22262642.jpg














ブリジッタエ、ピグミー、ハステータスの3種が揃うとこんな感じ。
どれもこれも皆ごらんのように、とても小さい。
普段はそれぞれ生活圏が違うのだが、
ライト点灯直後や冷凍ブラインを撒いた直後などは、
こんなふうに3種が入り混じった騒乱状態となる。


b0024412_2229022.jpg











陽気なハステータスにつられ、珍しく姿を現した抱卵ピグミー。
いよいよ腹がはちきれそうだが、
彼女は一体いつ産むのだろう・・?
[PR]

by cube60 | 2005-08-20 22:34 | チビコリ
2005年 08月 16日
ハステータス参上!
かねてより渇望していたコリドラス・ハステータスに、
ようやく巡り合えた喜びから、
ろくに魚体の確認もせず、慌しく7匹を購入し、
そのまま3日間ほど家を空けていたのだが、
先ほど、感動と緊張の再会を果たした。。


b0024412_22591967.jpg














家に帰るや、とるものもとりあえず水槽へ直行し、
ドキドキしながらも水槽を覗き込んだのだが、
見ると、ブリジッタエやピグミーに混じって、
見慣れない白銀の姿が、あっちでフニフニ・・


b0024412_232398.jpg












こっちでフニフニ・・


b0024412_2324775.jpg











あっちでツンツン・・


b0024412_2334367.jpg











こっちでもツンツン・・


b0024412_2342381.jpg















良かったぁ~! ちゃんと生きていてくれた!(涙)
数は? 1、2、3・・
残念・・
いくら数えなおしてみても2匹足りない・・
どうやら投入時のショックに耐えられなかった子が、2匹いたみたい。
跡形も無くなっているので、恐らくエビが綺麗さっぱり始末したのだろう・・
一見して弱弱しく、どうみても状態の良くない子ばかりだったので、
ある程度予期はしていたのだが、残念である・・


b0024412_2353467.jpg














とはいえ、残った子はみんな元気!
留守の間、投入しておいたタブレットをたらふく食ったようで、
体色もうんと濃くなり、しきりに可愛い仕草を振りまいている!
この可愛さは何としても、他のアクアリストの皆様へ
知らしめねばならないと思うので、
次からは、「ハスちゃんの親ばかシリーズ」がスタートなのだ。
覚悟されたし!
[PR]

by cube60 | 2005-08-16 23:10 | チビコリ
2005年 08月 12日
新しいタンクメイト
b0024412_1612373.jpg



















夏限定 なんちゃってミスト+すだれver.



残暑お見舞い申し上げます。
暑気払い・・  という訳でもありませんが、
かねてから探し続けていたお魚に、ようやく巡り合えたので、
7匹ばかり購入いたしました。


b0024412_16132518.jpg











現在、水あわせの合間にて、この記事をアップしていますが、
彼らはうまく水槽に馴染んでくれるのでしょうか?
ちょっと線の細い子ばかりなので、心配です。
2日ほど留守にするので、次に会うのは3日後くらいになるのですが、
それまで無事でいてほしいものです。


b0024412_16142373.jpg














あ、それから、溶岩石に活着させていたアヌビアス・ナナ・プチを
流木に縛り付けてみました。
どうでしょう?
[PR]

by cube60 | 2005-08-12 16:23 | その他
2005年 08月 08日
登山とアクア
8月に入り、毎年恒例の夏山登山へ行ってきた。
アクアと登山、一見何の関係もなさげだが、ワタシ的には大いに関係がある。
以前にもご紹介したように、そもそも私がアクアを始めたきっかけというのは、
たまたま見たADAの石組み水景が、
北アルプスの山容にそっくりだったから・・ というもの。
今年もまたそんなクロスオーバーな感覚は楽しめないかと、
3000m級の高所を歩みながらも、アクア的なものを色々と探してみた。
以下はその時の写真。


b0024412_214122.jpg












ヘアーグラス平原に横たわる、ADAのホワイトウッド・・
・・ならぬ、山の斜面に朽ち果てた、ガスに煙る枯木立。
一日中吹きつける冷気が、木々をこのような形にするらしい。
持って帰ろうとも思ったが、あとの行程を考え、断念した。


b0024412_2143871.jpg












青龍石にキューバグラスを配した、典型的なADAの岩組み水景・・
・・ならぬ、ハイマツに覆われた岩山の景色。
ADA天野も敵わぬ(?)、自然の造形美に、
しばし、眺め入ってしまった。
こんな水景が作れたらなぁ~・・


b0024412_2153656.jpg











おなじみの溶岩石。
なんでも一帯は昔、火山帯だったらしく、
色とりどりの溶岩石が無数に転がっていた。
これも後の行程を考え、持ち帰るのは断念したのだったが、
今思えば、少しくらい持って帰ればよかったと後悔している。
ショップで買えば結構な値がするもんだし・・


b0024412_216510.jpg












青々と「バッコン」寸前までよく茂ったリシア・・
・・ならぬ、登山道脇に見つけた何だか知れない草。
コケのようでもあったし、葉のようでもあった。
ライムカラーが陽に映え、とても綺麗だった。
平地じゃちょっと見られない景色。


b0024412_216298.jpg












方天石にブリクサショートリーフを創造的に配植・・
じゃなくて、テントサイトでたまたま見つけた草&石。
石の際に集中的に茂るさまが、いかにもNAチックだが、
こちらはネイチャーそのものなので、作為的なものは何もない。
あたりまえ・・


b0024412_217475.jpg











b0024412_2172937.jpg











b0024412_2182963.jpg












高所に咲く花は、どれもこれも皆きれい。
見ごろは僅か ひと月なだけに、その美しさがより際立つ。





b0024412_219260.jpg











テントサイト。

b0024412_2192684.jpg











テントより望む五色ヶ原。


b0024412_2110465.jpg















山と私。。
[PR]

by cube60 | 2005-08-08 21:20 | ADA関連