「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 29日
稚魚達の生存率
過去2度の産卵で生まれたハステータスの卵(約15粒)を、
親水槽、隔離水槽に分け、それぞれ成長を見守っていたのだが、
さる26日、なんとハスママが3度目の産卵をしてしまい、
都合、親水槽内には、初代、2代目、3代目と、
3世代の成長度合いの違う固体が入り混じる事態となってしまった。


b0024412_2264588.jpg










そんな中で現在、親水槽内で一番大きい固体が彼であり、
彼が初代生まれた稚魚なのかと考えるのだが、
実は彼以外にあまり大きい個体が見当たらない・・
水槽内をよ~く観察してみれば、
あちこちにゴマ粒のような極小の稚魚達はいるので、



b0024412_2262658.jpg









後から生まれた卵は、順次、孵化しているようなのだが、
ヨーサックが取れ、自分でエサを食べるまでに
成長しているような固体があまり見当たらない。

孵化後、しばらく経ったような固体が、
毎日2,3匹づつ白くカビて死んでゆくので、
ヨーサックが無くなった者から順番に死んでいるのだろうか?
増えるのが早いか、減るのが早いかという感じになってきた・・。
孵化率は100%に近いものの、その後の生存率はかなり低い・・。



b0024412_2284122.jpg










一方、隔離水槽の方では3匹が死に4匹が残った。
残った4匹は何れもアルテミア粉末を食べてくれている(嬉涙)ようで、
腹が膨らみオレンジ色に染まっている。
こちらも毎日1匹、また1匹と死んでいるので、全く楽観は出来ないのだが、
何とか残った子達だけでもこのまま順調に育って欲しい。




b0024412_22112852.jpg











頓挫中の45水槽・・。
ソイルが乾燥するといけないので、水をうすく張ったまま放置しているのだが、
いつになったら再開できるのか・・?
[PR]

by cube60 | 2005-09-29 22:26 | チビコリ
2005年 09月 26日
ハステータスの初期飼料について
9月?日 
キューブ水槽でハステータスの卵6個を確認。
翌日ほとんどが孵化し、1匹を隔離水槽へ隔離(のち死亡)
残り5匹をキューブにとどめる。
現在少なくとも3匹はキューブ内にて成長中。(たまに見かける)


9月21日
キューブ水槽でハスの2度目の産卵活動を目撃。
卵9個を採取し、親水槽と隔離水槽の半分ずつに分けて飼育。
両水槽で卵の孵化を待つ・・
というのが、これまでのおさらいだったのだが、


本日25日、産卵より4日目、
隔離水槽へ隔離していた卵のほとんど全てから尻尾が生えてきた!


b0024412_2328786.jpgb0024412_23282267.jpg







何だか卵が勝手にピョコピョコ動いているな・・
と思ったら、いつの間にかほとんどの卵で孵化が始まっていた。
なかなか全身までは出てこないけど、
明日くらいには完全に孵化していそう。

一方、親水槽へ残した卵の孵化は、まだの様子。
なぜタイムラグが生まれるのかは分からないが、
照明の差かもしれない。



b0024412_23392176.jpg








ずっと悩みの種だった初期飼料の問題がついに解決した。(かも?)
市をいくつもまたぎ、はるばる3時間ドライブの末、
小型美魚で定評のある某ショップの店長に、
どうすればいいのかを相談しに行ったのだが、
「うちではハステータスの初期飼料として、アルテミア100を与えているよ
という、一発回答をいただいた。
ありがたや、ありがたや・・



b0024412_23402432.jpg









そらから、エサの問題が解決した今となっては、
もう必要ないのかもしれないが、隔離水槽に
エサとなる微生物の付着を期待して、
親水槽で使用していたスポンジフィルターと、
リングろ材を入れておいた。(わざわざフィルター開けた)

これでもう何もやり残したことは無い・・
あとは「万事を尽くして天命を待つ・・」の気分。





そらから・・・
またまたブリちゃんが頻繁に追尾行動を・・
新規水槽の立ち上げが・・

[PR]

by cube60 | 2005-09-26 00:01 | チビコリ
2005年 09月 25日
初ブライン沸かし
怒涛の連日更新。
ネット上にハステータスの産卵情報があまりないので、
のちの参考になればと思い、おそまつながらも小まめにアップ。
皆さん、ちゃんとついてくるように(笑)
では、その後の展開。


2度目の産卵で合計9つの卵を産んだハステータス。
その全てを隔離水槽へ移し、
エアレーションしながら見守っていたのだが、
実は全滅が心配になり、その後半分を親水槽へ戻した。


インフゾリアが期待できる(かもしれない)が、
成魚に食べられる恐れのある親水槽。
成魚に食べられる恐れは無いが、エサに不安のある隔離水槽。
どちらもどちらだが、色々やってみる。


b0024412_1193024.jpgb0024412_1194145.jpg








これが2度目の産卵で孵化した卵。
2日目になると、うっすら内部に黒い点のようなものが見えてきた。
親水槽内に残した分も、隔離水槽の分も、どちらもこんな感じ。
ここまでは順調・・・なのだが・・



b0024412_1215440.jpg










それから、初めてブラインシュリンプというものも沸かしてみた。
マニュアル通りやったら、あまりの量が孵化してしまってたまげた。
こんなにも物凄い密度で孵るとは・・



b0024412_1431931.jpg


























親水槽にいる稚魚めがけ、適当にばら撒いておいたが、
(そうです、一度目に産卵した稚魚は4日目もまだ生きてます)
ちゃんと食ってくれてるのだろうか?
肉眼で稚魚とブラインの大きさを見比べてみた限り、
微妙~な感じ・・だが・・
ちょうどブラインの全長が稚魚の頭くらいの大きさで、
食べるにはちょっとキツそうだけど・・
というか泳ぎ回るブラインを、底物のコリが食えるのだろうか?
素朴な疑問・・



b0024412_1312584.jpg










それから、ブライン粉末と共に購入した日動のポンプは優れもの。
ほとんど無音だし、世界最小らしいし、
900円という安さも素晴らしい。
がしかし、コトブキのストーンはダメダメ。
チューブを抜こうと引っ張ったら、粉々に砕けた・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-25 01:37 | チビコリ
2005年 09月 24日
あれ!?
b0024412_23493343.jpg












部屋で用事をしながらも、たびたび視界に入ってくる、
コチョコチョとせわしない魚影。
どうせいつものコリダンスだろうと、最初は相手にしなかったのだが、
それにしては どうも動きが激しすぎる。
普段見せないような、ジェット風船が舞うような動きをして見せたり、
ジグザグに激しく泳いだりしている。


あまりに突拍子も無い動きに、なにかおかしいぞ・・
と思いながらもそのまま見ていたら、
一匹のハステータスがもう2匹ハスを引き連れるように、
急上昇&急下降を繰り返したかと思うと、
突然「ピタ!」っと動きを止めた!
2匹はその場をすぐ離れ、どこかへ行ってしまったのだが、
残りの1匹がモスとガラス壁の間に張り付いたまま、
ピクリとも動かない・・動かない・・動かない・・動かない・・・


死んだ!? と思い近寄ってみると、何とそこには
ガラスやモスに点々とへばりつく、艶やかなま~るい卵・・!
(全部で10個)


b0024412_2350351.jpgb0024412_23504576.jpg









卵・・そうだったのだ・・。
私は飼育魚の産卵を目の当たりにすると共に、
これまでの一連の産卵騒ぎの主が、実はピグマエウスではなく、
ハステータスだと知ったのだった・・


b0024412_2351333.jpg







(多分、彼女が抱卵固体)




1時間後。。


b0024412_23543490.jpg








チビ水槽に隔離される9つの卵。
分岐パーツでエアレーションをし、微生物を期待してモスが入っている。
もう二度と隔離はしないつもりだったのだが、
キューブ内の稚魚がブリジッタエに突っつかれるシーンを目撃してしまい、
(幸い無事だったが)慌てて再び隔離策をとった。
因みに卵の配列は、北斗七星の形。(トップ写真)
特に意味は無い。



b0024412_23561467.jpg










チビ水槽はキューブにへばりつけておいた。
水温上昇についてはこれで避けられると思うのだが、
水質的にはやはり不安。
一応毎日、二分の一の換水をしてみる事にするが、
これでちゃんと孵化してくれるのだろうか?


あとはエサの問題も気になる。
新設の隔離用水槽だけに、微生物は期待は出来ないし、
冷凍ブラインとPSBだけでは心もとない。
あの小さな口ではブラインですら大きすぎる気がするし、
やはりインフゾリアの準備が必要だったのだろうか・・?
極小魚の繁殖は、初期飼料の確保がポイントになるみたい。


b0024412_2357571.jpg









b0024412_23572118.jpg














それから、前回孵化した2匹の稚魚は多分元気。
たまにキューブ水槽内の壁にへばり付いていたり、
ミクロの隙間に隠れていたりするのを見かける。
少しだけサイズも伸びたようなので、
水槽内の微生物でも食べてるのだろうか?
だとしたらやっぱり水槽内で自然繁殖を考えた方が良いのか?
飼育ネットという手もあるが・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-24 00:03 | チビコリ
2005年 09月 22日
ピグミーの産卵その後
30キューブのガラス壁に、
ピグミーと思われる6つの卵を発見したその翌日、
早くも、その中の2つが孵化してしまい、
一匹を隔離用チビ水槽へ、もう一匹をそのまま30キューブ内へ・・
という処置を施したのが、こないだまでのお話し。
その後、丸2日が経過した今、2匹の稚魚がどうなったかというと・・



b0024412_23203324.jpg










残念ながらチビ水槽へ隔離した1匹は死んでしまった・・
移動時のショックがいけなかったのか、
フィルターの水流が強すぎたのか、
エサとなる微生物が沸いてなかったのか、
死因は定かではなけど、
チビ水槽へ隔離した事が裏目に出てしまった事は明らか。
その証拠に30キューブに残した方の稚魚は、今も元気に生きている・・



b0024412_2321284.jpg













クリックでかなり拡大



もうこれ以上、隔離策をとるのは怖いので、
以降、生まれてきた稚魚については、
隔離せずにそのまま放置しておく事にするが、
隠れ家兼、微生物の定着を期待して、
ありったけのウィローモスを入れておいたので、


b0024412_23223097.jpg









水景などどこへやら・・

ヤマトや、親コリや、ブリジッタエに食われること無く、
どうにかしぶとく生き延びて欲しい。


b0024412_23222553.jpgb0024412_23223751.jpg







虎視眈々・・






b0024412_23232591.jpg










「一眼マクロ+クリップライト」で稚魚を撮影の図。
何しろ全長5ミリ、体高1ミリ程度の極小サイズなので、
その撮影は非常にやっかい。見つけるのがまず困難。
そんな中、何とか撮れた写真がこれ。


b0024412_2325735.jpg












右寄りにある白い砂粒1つの直径が、約1.5ミリ。
比べれば稚魚の小ささが分かる。
赤い矢印の先にある部分は口なのだが、
この小ささではミジンコやブラインシュリンプ
でさえ食えるのどうか微妙・・
がしかし、ヒゲだけはやけに立派だったりする(笑)


b0024412_23254863.jpg








これはオトシンのようにガラスにへばり付いている時の様子。
大抵は底でじっとしていたり、
ミクロの根元に隠れていたりするのだが、
時にこうしてガラスにへばりついている時があり、驚かされる。
コリとオトって案外近種なのかも?



それから肝心な事を忘れていたが、
実はキューブ内にもう2匹の新しい稚魚を発見。
いつのまに孵化したのか?
すでに個数の把握が難しくなってきたけど、
今のところ水槽内には2匹の稚魚と、2個の卵がある事になる
・・・(筈)
[PR]

by cube60 | 2005-09-22 23:34 | チビコリ
2005年 09月 20日
ピグマエウスが孵化した
水槽壁にへばりつく半透明の卵を発見し、
「これはピグミーの卵に間違いなし!」と、
うろたえつつも喜んでいたのが昨日の話し。
今晩あたり、ネットで情報を探りつつ、
そろそろ繁殖についても勉強してみようかな・・?
と思っていたら、なんと早くも孵化してしまった・・


b0024412_23384998.jpg










あった筈の卵がいくら探してみても見つからないので、
剥がれ落ちたのかと思って水槽内をくまなく探してみたのだが、
水底を「スー・・」と横切る一本の黒い線に、
なんだ? と見てみれば、
なんとそれが孵化直後の稚魚だった!



b0024412_23421075.jpg









今にも親コリやブリジッタエに食べられそうだったので、
あわててホースで水ごとちび水槽へ隔離したのだが、
幸い今のところ元気な様子。
エサについてはミジンコが無数に沸いているので、
(チビ水槽では、もともとモスを育てていたので)
これやその他の微生物を食ってくれないかと願っている。
一応PSBも入れておいた。



b0024412_23425832.jpg









更には、壁にへばりついていた、
あともう3つの卵のうちの一つも、ちび水槽へ移しておいたのだが、
これもまた今夜くらいには孵ってしまうのだろうか・・?
ちょっと書くほうが追いつかないので、
出来ることならもう少し間隔をあけて欲しいのだけど・・





【追記】
これを書いている途中、ふと30キューブを覗き込んでみれば、
新たにもう1匹の稚魚を発見!
これで行方不明だった2つの卵は、両方孵化したことになる。
こちらの稚魚はこのまま30キューブへ残しておく事にするので、
せめてどちらか1匹だけでも無事成長して欲しい。



b0024412_23433622.jpg









産後のママコリ。
まだ産みそう。。
[PR]

by cube60 | 2005-09-20 23:50 | チビコリ
2005年 09月 19日
電磁弁&タイマーを買った
b0024412_1258390.jpg











停滞している新水槽の立ち上げをよそに、
発注していた「電磁弁+タイマー」のセットが到着した。
勿論、新水槽にて有茎水草モリモリの成功を夢み、購入したのだが、
ついに来るところまで来てしまったか・・という気分である。


思い返せば一年前、まだアクアデビューしたてだった頃、
水槽に二酸化炭素なんて、よほどの水草オタクに違いない。
と思っていたものだが、まさか自分がそうなってしまうとは・・
行く末は、ミドボン、メタハラ、大型水槽の導入と、
私もまた、先達たちと同様、際限ないアクア沼に陥ってしまうのだろうか?
怖い、怖い・・



b0024412_12585135.jpg











さておき、これが購入した電磁弁。
思いのほか小さい。
これをボンベと拡散器の間にセットし、
タイマー接続すれば、憧れのCO2自動添加が実現する。


早速セットして・・・・・・


b0024412_12584338.jpg














みようとしたところ、キューブ水槽内で異変が!!
続きは前の記事へ→
(カテゴリ分類上、2つの記事に分けました)
[PR]

by cube60 | 2005-09-19 13:02 | 器具・アクセサリー
2005年 09月 19日
ピグミーの産卵
先の記事からの続き
こ、これは・・!
この水槽壁にへばりつく、(全部で6つ)
直径2ミリ程度の丸いツブツブは・・!

b0024412_12453541.jpg












見たところ、スネールではなさそうだし、
これは間違いなく飼育魚の卵ではなかろうか?


b0024412_1247261.jpg










卵の中には黒いゴマのようなツブツブも見える。
仮に卵だとすれば、該当魚はきっとこの方に違いないと思われるが、
抱卵確認より約3ヶ月、ようやく産んでくれたのか。



b0024412_12461935.jpg









この日は折りしも「中秋の名月」。
抱卵魚が満月の大潮を産卵日に選びやすい事は、
釣りやアクアの世界では半ば常識だが、
「お月見団子」ならぬ「卵」をサービスしてくれるなんて、
うちのコリもなかなか気が利いている。


これでまた新規水槽立ち上げに、
支障が出てしまうのは必至となってしまったが、
コリママの粋な計らいに免じて、今回は許す事としよう。。
[PR]

by cube60 | 2005-09-19 12:55 | チビコリ
2005年 09月 14日
新水槽、頓挫中・・
b0024412_2235410.jpg
















                クリックで拡大します



水槽台問題に決着をつけ、底床の敷き分けも既に終わり、
さあ、あとはチャームで希望の水草を発注するのみ!
と思ったら、今になって色々と問題が生じてきた・・。


新しい水槽を立ち上げるあたっては、
現在稼動している30キューブの全て(装備・生体)を
そのまま新水槽へ移行するつもりだったのだが、
いざ着手してみると、そう簡単にはいかない事に気付いた。


新水槽がセッティング出来たとしても、
すぐに生体を移すわけにはいかないので、
水が出来るまでの間、新水槽と旧水槽は並行して維持する事になるのだが、
そうなると、色々と足りない物が出てくるのだ。



たとえば現状、サブ+メインとして使っている2本のフィルターは、
一時的に別々の水槽に設置しないといけないので、
そうなると、新しい延長ホースが必要だったり、
パイプが必要だったり、吸盤が必要だったりしてくる。
(しかもそれぞれ径が違っててややこしい)
2つの水槽を同時にエアレーションするにも、
(一方はバクテリアの為)
新たに分岐パーツやチューブ、ストーンなんかが必要だし・・。



更にそういった事以外にも、コンセントの確保や、
配線の取り回し、フローリングの凹み対策などの
新たな問題点も幾つか見つかって、
このぶんだと、新水槽への移行は、
もうちょっと時間がかかりそうなのだ。



そんなわけで訳でありまして・・・

b0024412_2251711.jpg











新水槽計画、ただ今頓挫中・・
[PR]

by cube60 | 2005-09-14 22:14 | レイアウト作成
2005年 09月 10日
底床を敷く。
連日、メジャー片手に閉店間際のホームセンターを彷徨い、
あれでもない、これでもないと、
水槽台 (の代わりになるもの) を捜し続けていたのだが、
結局、思案の末選んだのは、アイリスオーヤマのメタルラックだった。


b0024412_22123890.jpg
















このメタルラック、幾人かのリンク仲間の方も使用されている、
いわば、水槽台としては定番的商品なのだが、
実は、メーカーでは水槽台としての使用を禁じていたりする。
一応75㎏まで耐えるとあるので、
私は自己責任のもと使用することにしたのだが、
(スポンジマットと合板を下に敷いて)
一抹の不安が無いわけではない。
紹介しておいてなんだが、
賢明な方は使わない方が良いのかも・・。




ラック問題がようやく解決(?)したので、
いよいよ念願のセッティングにとりかかった。
以下、その様子。


b0024412_22185410.jpg










空水槽にボール紙で仕切りを作り、
動かないように石で固定、
向こう半分へ、パワーサンド代わりに購入した※「パミス」を敷き、
上から、いくらか控えめに「イニシャルスティック」をばら撒く。

※パミス
園芸用の軽石。保水・排水・保温・通気に優れ、肥料分の吸着力に富んでいる。
水質に影響を及ぼさず、完全中性(らしい)。




b0024412_22201113.jpg










次に上からソイル(アマゾニアノーマル&パウダー)を
適当な厚さまで流し込み、
反対側にはブライトサンドを流し込む。



b0024412_2221353.jpg









b0024412_22202889.jpg










そして、両方の砂の高さが同じくなるようにならし、
1,2の、3でボール紙を引き抜いたら、
境目が崩れてこないように、溶岩石で固定。


b0024412_22281333.jpg












これにて作業は終了。
あとは水を張って、水草を植えるのみ。
作業内容と今後の段取りには、大いに不安を感じるのだが
とにかく、底床作業は完了したので、
これより水草のネット発注に取り掛かる事とする。。



注) 以上の作業は、なんちゃってアクアリストが聞きかじりの知識に基づき、
四苦八苦しながら水草水槽にチャレンジしている様子です。
必ずしも正しい事を書いている訳ではありませんので、
その点は、十分ご承知おきくださいませ。

[PR]

by cube60 | 2005-09-10 23:06 | レイアウト作成