「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 29日
水槽の蓋を作った
b0024412_22543367.jpg
















いつものように家へ帰り、
いつものように水槽を覗き込むが、
いつものようにヤマトがいない・・。

はて・・?と思い、あちこち探してみると、
棚の裏側に「もぞもぞ」とうごめく綿ぼこリを発見・・
もしや・・と思って水で洗ってみれば、中からヤマトが出てきた・・
(ヤマトは生きていた)
という事故があったので、急遽水槽の蓋を作ってみた。


b0024412_22555769.jpg












材料はホムセンで買った穴あきアクリル板。
これを水槽サイズに合わせて切り、
ファンの当たる部分とフィルターの当たる部分をくり抜いて作った。
明るさもほとんど変わらないし、熱もこもらないし、
足し水もソフトに落とせるし、なかなか良い感じ。


b0024412_22561847.jpg
















チビ水槽の全体図としては、こんな感じになった。
水槽が小さいというだけで、あとは普通とおんなじシステム。
なんだかんだで、結局大げさになってしまった。



1 逆サーモ(センサー部はフィルター内へ)
2 外掛けフィルター(セラミックろ材+麦飯石)
3 冷却ファン(PC用DC12V0.1A)
4 ぶくぶく
5 7Wライト
6 タイマー×2(ぶくぶく、ライト、CO2を制御)
7 CO2システム+電磁弁
[PR]

by cube60 | 2007-06-29 23:00 | 器具・アクセサリー
2007年 06月 24日
ヤマトヌマエビを入れた
b0024412_16131014.jpg
















亜硝酸問題が無事クリアされ、
何とか死の淵から蘇ったMYチビ水槽。
しかし暗黒期のダメージは相当に深く、
ことキューバに関しては、もやもやとしたコケに侵され、
今にも全滅しそうな有様・・


b0024412_16135466.jpg











早くどうにかしなければなぁ・・と、いつも心配していたのだが、
ここへきてヤマトを投入するや、あっという間に問題は解決してしまった。
まんをじして投入したヤマトは、
水槽に入れるや一気にコケへと直行し、
あっちをシャカシャカ、こっちをシャカシャカ。
翌日には、どこを探してもコケのコの字も無いくらい、
ピカピカにしてしまった。


この活躍のおかげかどうか、
数日後には、あの悲惨だったキューバもすっかり青さを取り戻したし、
(キューバって枯れるのも回復するのも凄く早い)
いつのまにか藍藻もなくなってたし、
本当にヤマトよ有難う、という気分である。



がしかし、ここで新たな問題が一つ・・
一夜にしてコケを一掃してしまったヤマトは、
今度はその矛先をキューバやソイル粒に向け、
せっせと葉を抜き、ソイルを耕すようになってしまった・・
おかげで私は、毎朝プッカリと浮かんだ沢山のキューバを、
ため息混じりに、せっせと埋め直さなければならないのである・・


b0024412_16142217.jpg











今はもう頼むからこれ以上抜いてくれるなと、
プレコタブを与えているが、
これもあっという間に食べてしまい、
またすぐにキューバを引っこ抜いてしまう・・
こんな事ならミナミにしておけばよかったか?
とも思うのだが、あれはあれで爆殖の恐れがあるし、
なかなか難しいのである・・。


b0024412_16183292.jpg










(以前ミナミが爆殖したときの画)
[PR]

by cube60 | 2007-06-24 16:19 | エビ
2007年 06月 20日
陽はまた昇る
亜硝酸反応が突然消えた!
あれほど測っても測っても真っ赤だった反応が、
今日は黄色のまんま! 
つまりは、今日をもって濾過サイクルが復活した!
嬉しい! (嬉しいついでにgifアニメにした!)


b0024412_20584994.gif









思えば藍藻の発生に始まり、ランプアイの死、
キューバパールの大量枯れに、糸状コケの発生と、
このところ矢継ぎ早にトラブルに見舞われたチビ水槽だったけど、
久々の明るいニュース。 陽はまた昇ったのだ!
これでやっと次のステップへ進める。
次なる計画としては、コケ対策としてヤマトの投入、
浄化対策としての浮き草の投入、等を考えているが・・


b0024412_20591496.jpg











というか、もう投入した!
これらの活躍っぷりについては、また次回。
[PR]

by cube60 | 2007-06-20 21:00 | 水草
2007年 06月 16日
どんどん悪くなるチビ水槽
b0024412_19105448.jpg













突然の亜硝酸発生より、しばらくが経過。
あれから毎日1/3の換水をしてるにも拘らず、未だ数値は下がらない。
それどころか、最近では糸状のモヤモヤしたコケまで発生しだし、
呼応するように、キューバもどんどん枯れだしてきた。


そして極め付けは、ランプアイの死・・。
4匹中、3匹が死んでしまった・・(一匹は飛び出し)
これが亜硝酸によるものなのかどうかは分らないが、
今、まさにチビ水槽は死の危機に瀕している・・


b0024412_19121115.jpg














本来なら新たな魚を投入し、コケ対策のエビも入れ、
再生へ向けての手を尽くしたいのだが、
亜硝酸値が下がらないかぎり、それもままならない。
正直、今は我慢の時だと思っている。


気泡あふれる緑の絨毯を、小型美魚達が行き交う・・
そんな環境を今から実現する事は出来るのだろうか?
ひとたび歯車が狂えば悪化の一途・・
ここへきて、超小型水槽の難しさを痛感している。


b0024412_19131147.jpg












ただ、唯一例外的に元気なのは、ショート・ヘアーグラス。
糸状コケに侵されたキューバの不調に付け込むように、
あっという間に(一晩空けたら突然・・)最前面へ出てきた。
このままではヘアーグラスがキューバに取って代わるかもしれない・・。
[PR]

by cube60 | 2007-06-16 19:16 | 水草
2007年 06月 11日
チビ水槽に異変発生!
b0024412_17204765.jpg










ここへきて順調だった水槽内に、異変が生じてきた。
一番の異変は、岩の頭頂部に出現したゼリー状のコケ。
これ一体何なんだろう? と思っていたのだが、
皆さんのコメントで、これが藍藻であると知った・・
よく状態の悪いホムセン水槽などでお目にかかる、アレである。
あんなもんが、我が水槽に発生してしまった・・


早速ネットで調べてみた。
と、このコケ、正確にはコケではなく、一種の細菌らしいのだが、
硬度が高く亜硝酸値の高い水槽によく現れるのだとか・・
キューバを育成する都合上、
硬度に関しては已む無しとしているのだが、
もしや亜硝酸・・! と思い、久しぶりに測ってみると・・


b0024412_17212334.jpg









しっかり発生していた・・
亜硝酸に関しては以前、ソイルと水だけで回していた時、
(10日くらい回していた)
微量ながらも検出され、その後すぐに検出されなくなったので、
すっかり安心していたのだが、魚の投入やら何やらで、
濾過バクテリアが追いつかなくなっていたのだろう。
再び発生していた。
外部フィルター2機でやっていた頃は有効だった、
水+ソイル回しによる水作りも、極小水槽では無理だったようだ。
或いは魚の投入を急ぎすぎたのかもしれない。


b0024412_17215414.jpg












そんな訳で、藁をもすがる対処療法。
思い切って外掛けフィルターの濾材をスポンジ(一部残して)から、
麦飯石+セラミック濾材に換え、
毎日3分の一(といってもペットボトル1本)の換水をする事にした。


b0024412_1726032.jpg














有害物質を素早く麦飯石に吸着させ、
かつ濾過バクテリアをセラミック濾材に住まわすのが狙いだが、
これにて憎っくき藍藻は消えてくれるのだろうか?
万全の体制で受け入れた筈だったランプアイも、
結果的にパイロットフィッシュ扱いになってしまい申し訳ない。 


b0024412_17281869.jpg
[PR]

by cube60 | 2007-06-11 17:33
2007年 06月 07日
魚を入れた
b0024412_22184935.jpg














ついに魚が入った!
アフリカン・ランプアイが4匹!
これまで色んな魚やエビを検討してたのに、
たまたま立ち寄ったホームセンターで、うっかり衝動買いしてしまった!



b0024412_22194539.jpg












早速、点滴方式による水あわせ。
水槽が小さすぎてビニール袋が浮かべられないので、
ペットボトルによる水あわせ。
容器越しに青い瞳が光っている。
(一眼レフを手放したので、画像はこれが限界・・)



b0024412_2222212.jpg











しばらく後、レンゲで水槽内へ放流。
すると、みんな元気に散っていった。
見ると水面直下に固まり様子を窺っている。
水量僅か2リットルの、この極小水槽だけど、
上手く育ってくれるだろうか?






動画は翌日の様子。
みんな元気にアルテミアを食べてくれる。
が、どうも彼らの生活圏は水面直下みたい。
おかげで、上から覗き込まない限り姿が拝めない・・
これでは、いつも隠れて見られなかったチビコリの時とおんなじ・・
もっと水中をフワフワ泳ぐ、楽しい姿を期待していたのに・・
[PR]

by cube60 | 2007-06-07 22:28 | ランプアイ
2007年 06月 04日
水草達の成長
b0024412_21205451.jpg















その後の水草達の様子だが、
メインのキューバパールグラスについては、何とか順調に育っている。
しかし決して順風満帆という訳ではなく、
枯れてゆく草体もあれば、育つ草体もある・・といった具合。
今のところ新しく育つ割合の方が多いので、
結果的に密度は増しているが、いかにも自転車操業な感じ。
どうしたらもっと良く育つのか?
と、今はあれこれ試している途中。
(肥料・照明・水流etc..)


b0024412_21222440.jpg













これまで試してみて一番効果的だったのは、
CO2周りを弄ってみた時。
割り箸拡散器を外掛けフィルターの水流に当て、
泡が水槽全体に行渡るようにしたのだが、
そしたらキューバが盛んに気泡を出すようになった。
特に拡散口の周りの気泡は凄まじく、そこだけ気泡が集中して発生する。
今更ながらにCO2添加の威力を知ると共に、
案外、外掛けでもCO2効果はあるんだな・・と思った。


b0024412_21231076.jpg












ヘアーグラスについては水上葉が一部枯れだし、
所々、下から新芽が出てきた。
そして草体はクニャリとカールし始め、
いよいよショートヘアーグラスらしくなってきた。
がしかし、相変わらずその成長は遅いので、
そのうちキューバに駆逐されないか心配。


b0024412_21233786.jpg










それからコケに関しては、
最近、石の先っちょにゼリーみたいなコケが付くようになった。
試しにスポイトで吸い取ってみたら、ヌルっと簡単に吸い取れた。
何だこのコケ?って感じ。。
[PR]

by cube60 | 2007-06-04 21:29 | 水草