「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 26日
亜硝酸反応が消えた
b0024412_21331279.gif













やった、ついに亜硝酸反応が消えた!
13日前、初めて亜硝酸が検出されて以降、
毎日毎日、バケツ一杯の換水を繰り返してきたのだが、
ここへきてようやく反応がなくなった。
これで面倒な換水からも開放されるし、いつだって魚も飼える。
パイロットとして入れたエビ達も、結局一匹も殺さずにすんだし、
良かった良かった。 これでようやく次に進めるのだ。


・・という事で・・


b0024412_2134020.jpg

















また新しい水草を入れてみた。
今度は、ニードルリーフ・ルドヴィジアと、クリプト何とか。
(クリプトは名前のどこかにレッドがついていたのは覚えている)


b0024412_21345674.jpg















クリプト何とかは水槽の左後ろ隅に、


b0024412_21352848.jpg














ニードルリーフ・ルドヴィジアは右後ろの隅に植えてみた。
どちらも今回始めて使う水草なので、上手く育てられるかわからない。
クリプトにいたっては、植栽後、一旦溶けるとも聞くので、
今から恐れおののいている。
ニードルリーフについては、一旦根付けば楽だが、
その前に枯れてしまう事も多いそうだ。


b0024412_2136541.jpg















立ち上げより、はや一ヶ月。
相変わらずのチビチビペースながらも、だんだん賑やかになってきた。
さて次はどんな水草を入れ、どんな魚を迎えようか?
[PR]

by cube60 | 2008-11-26 21:43 | 水草
2008年 11月 20日
亜硝酸は続くよ、どこまでも
b0024412_22524340.jpg













そんな訳で一週間前、思いがけずも突然検出された亜硝酸は、
今なお、引き続き検出され続けている。
毎日1/3の換水をしているが、また翌日には検査薬が真っ赤。
この調子は、当分おさまりそうに無い。
2週間くらい続く事も普通らしいので、今はおとなしく待つしかないのだろう。


b0024412_22531625.jpg















がしかし、こんな調子の中でもエビ達はみんな元気。
私の心配をよそに、毎日せっせと働いている。
彼らには、亜硝酸の真っ只中での投入という、
気の毒な事になってしまったが、何とか死なずに残って欲しい。
写真は頑張ってくれてるご褒美に、チビ水槽のトロロ藻をあげたところだ。
あっという間に食べてしまった。


b0024412_22535816.jpg
















一方水草の調子については、こちらの方も、まずは順調。
迷っていたショートヘアーグラスのトリミングについては、
束ごと根元からバッサリやったり、一本だけカットしたりと色々。
その時々で気になったものだけを取り除いている。
背の低いフラット水槽は、いつでも気楽に満水のままトリミング出来るので、
自然とこういうやり方になった。
ただ思いのほか生長が遅いので、絨毯化にはまだまだかかりそうだ。


b0024412_22554192.jpg















育ちが悪いと思っていたテネルスも、案外したたかに育っていた。
いつのまにか離れた場所まで一足飛びにランナーを伸ばし、
突然ひょっこりと新芽を現した。
いつの間にこんな前まで来ていたのだろう?
芽が出るまでちっとも気づかなかった。


b0024412_2256695.jpg

















そしてお気に入りのサンタレン・ドワーフニムファは、ただ今爆繁中。
だいたい1日1枚のペースで葉っぱを増やしているが、
ここへきて新しいランナーまでも伸ばし始めた。


b0024412_22564228.jpg












株の根元から「にゅ~」っと伸びたランナーが、
「ブス!」っと、少し離れた地中に突き刺さっている。
この刺さった地中の先から、また新しい株が出来るのだろうか?
このままでは、トンネルのこちら側にまで侵入してきそうで、ちょっと怖い。
[PR]

by cube60 | 2008-11-20 23:01 | 水草
2008年 11月 15日
ヤマトヌマエビを入れた
注水より、はや3週間。
植栽した水草たちも、それぞれ順調に生長し、
あとは生体の投入へ向け、水の完成を待つのみなのだが、
ここへきて肝心の亜硝酸が、なかなか検出されずにいる。

以前、チビ水槽でやっていた頃は、
2週間も待てば、生体を入れずとも亜硝酸が検出されたのだが、
今回は水量の関係なのかなんなのか、いっこうに検出されない。
このままでは、いくら待ってみても埒があきそうにないので、
しょうがなくパイロットフィッシュならぬ、パイロットエビを投入する事にした。


b0024412_22162630.jpg


















ヤマトヌマエビを5匹。
彼らは投入するや、目まぐるしい勢いであちこちをツマツマし、
一夜明けたらどこを探しても、コケのコの字も無いくらい綺麗にしてくれが、
同時に、ビックリするくらい大量の糞も残してくれた。


b0024412_2216499.jpg













この糞が呼び水となり、一連のろ過サイクルが完成するのはいつの日になるだろう?
それまでは、当分毎日の水質チェックが欠かせない。
今度アンモニア試薬でも買ってこよう。
高いけど・・






と、ここまで書いていた翌日、
なんと、わずかながらも亜硝酸が検出されてしまった。
ケチって超薄切りにしいる試験紙だが、初めてピンク色に染まった。


b0024412_2217999.jpg









まさかエビを投入した直後、一夜にしてアンモニアが発生し、
続けてそれを亜硝酸へと分解する、
硝化バクテリアまでが瞬時に発生したとは思いづらいので、
たまたまタイミングが重なっただけなのか?
目に見えない世界の話はさっぱり分からない。


b0024412_22282325.jpg
















何れにしても亜硝酸が検出されたという事は、
水の完成まであと一歩という事なので、引き続き経過を観察したい。
[PR]

by cube60 | 2008-11-15 22:24 | エビ
2008年 11月 11日
水草たちの生長
注水より2週間が経過した。
いささか場当たり的ながらも、今では3種類の水草が入り、
それなりに将来の形がイメージ出来るようになったのだが、
さて肝心の水草達の生長具合はというと・・


b0024412_227014.jpg
















まずはベレン産ショートヘアーグラスから。
こちらは植栽より10日が過ぎ、今ではこのようになってる。
矢印部分が後から出てきた芽だが、
一週間を過ぎた頃から、いっせいにあちこちで芽吹き始めた。

そろそろ頃合を見て、バッサリやった方が良いのか?
それともこのまま放置でいいのか?
今、どっちにするかで悩んでいる。
一応、元株は水中葉という事なので、そのままでも良さそうなものだが、
一部ホコリが溜まったり、茶色く枯れたりしているので・・。


b0024412_2272663.jpg













次に同じタイミングで植えたテネルス。
こちらは植えた場所によって様相が異なってきた。
上はライトの当たらないところ(流木の影)のものだが、
ここのものは緑濃く、新芽も出てきている。


b0024412_2274628.jpg












がしかし、ライト直下のものはというと・・
黄色く変色し、先の方から溶けるように枯れてきた。
以前45cm水槽でやってた頃は、
いい感じに赤~緑に色付いていたのだが、今度のはちょっと感じが違う。
説明では「水上葉~水中葉」での出荷とあったので、
もしかしたら今は完全な水中葉に移行中だったりするんだろうか・・?


b0024412_2281750.jpg
















そしてお気に入りのサンタレン・ドワーフニムファ。
こういったスイレン系の植物は育てるのが初めてなので、
どういった生長をするのか興味津々だったのだが、
なんと植栽翌日には、早くも新芽(矢印)が出てきた!
観察してたら、もうこの2時間後には完全な葉っぱになってるし、
この先どこまで増えるのか、ちょっと心配なほど。
このペースだと、一ヵ月後には水槽中に広がっていそう・・


b0024412_2283957.jpg















あと書き忘れていたが、ほんのわずか水面から飛び出してる流木部分に、
チビ水槽のモスを乗っけておいた。
糸で縛りはしなかったが、一週間後の今は上へ立ち上がるように伸びてるし、
何とか活着しているみたい。
[PR]

by cube60 | 2008-11-11 22:25 | 水草
2008年 11月 06日
サンタレン・ドワームニムファを入れた
ショートヘアーグラスの植栽がひとまず完了し、
草原化へ向け、今はその生長を見守っている段階なのだが、
やっぱり水草一種じゃ寂しいかな・・?
と思えたので、新しい水草を追加する事にした。
買ったのは、サンタレン・ドワーフニムファという草。


b0024412_22301899.jpg
















フラット水槽という事で、あまり背が高くならず、
また、将来チビコリを投入した際良い隠れ家になる。
という条件で探していたのだが、これなら? と思えたので購入した。
因みにチャームでの説明はココ。


b0024412_2231890.jpg


















さっそく植えてみた。
思ってた通り、とても小粒で愛らしい。
葉っぱは、表がうす黄色、裏がピンク色をしており、
横から見ると、その両方の色が入り混じって見える。
ライトの光がうっすら透過する様子が、なんとも柔らかく繊細な感じ。
とてもとても気に入ったので、絶対枯れたり溶けたりしないで欲しい。


b0024412_22314851.jpg

















トンネルを抜けると、そこはニムファの森だった。
的なところを期待している。
[PR]

by cube60 | 2008-11-06 22:32 | 水草
2008年 11月 01日
ショートヘアーグラスを植えた
b0024412_22512782.jpg
















発注していた水草が到着した。
届いたのは、ベレン産ショートヘアーグラス3鉢と、エキノドルステネルスが3株。
いわゆるよくある草原化へむけ、ごく定番的な水草を買ったのだが、
実際植えてみると、どうなるだろう? 早速取り掛かってみる。


b0024412_22522339.jpg















まずはエキノドルステネルス(590円也)から。
最初、5株と聞き、もう少しボリュームがあると期待していたのだが、
実際はたったのこれだけ。
5株というのは思いのほか少なかった。


b0024412_22532727.jpg














とりあえず、こんな感じで流木周りに植えてみた。
エキノドルステネルスといえば、繁殖力旺盛で、
場合によっては、どんどん巨大化してしまう印象があるのだが、
出来れば、この大きさをキープし、更にはもう少し赤みを帯びてくれ、
欲を言えば適当にショートヘアーグラスと絡み、
上品な自然観をかもし出してくれたら・・ と思う。

チャームの説明によれば「水上葉~半水中葉での出荷」とあるので、
今後、完全な水中葉へ移行するにしたがい、
また違った生長を見せるのだろうが、
くれぐれもショートヘアーグラスを駆逐してしまうような事にだけは、
なって欲しくないと願う。


b0024412_22541651.jpg













次に、ベレン産ショートヘアーグラス(一鉢1680円也)に取り掛かってみる。
ご覧のように、可愛らしい素焼きの鉢に入っているのだが、
これをバケツの中でほぐしてみると、こんな感じになった。


b0024412_2255064.jpg

















まるでカツラか、はじけた栗か、スライスしたゴーヤみたいだが、
バラしてみると結構な量になった。
状態も凄く良いし、鉢で買ったのは正解だったかもしれない。


b0024412_2256596.jpg














これは植え終わったところ。 を、上から撮ってみたところ。
当初予定では、流木の背面には、小型のニムファか
オーストラリアン・クローバーなどを植えるつもりだったが、
沢山余してしまったので、全部ショートヘアーグラスになってしまった。
後ろの方は、また後から抜いてしまうかも知れない。


b0024412_22564230.jpg














横から見たところ。
予想以上の密度で植えられたので、草原化は意外に早いかもしれない。
植え方はこんなものでよかったのだろうか?


b0024412_22571952.jpg
















因みにベレン産ショートヘアーグラスでググってみると、
草体はカールするとかしないとか、背は高くなるとかならないとか、諸説紛々。
おそらく個々の環境によっても変わってくるのだろう。
出来れば、うちではあまり大きくはならず、
低く低く這うように育って欲しいのだが・・。

また調べてみると、ヘアーグラスは小まめなトリミングで
背を低く抑える事も可能とある。
そのへんのテクニックについても、今後試してゆきたい。
さて60F水槽の草原化、上手くいくのだろうか・・?


b0024412_22583382.jpg

















それから、ショートヘアーグラスを一束残した小鉢を、
外掛けフィルターの水流につけておいた。
絶対上手くいかないだろうが、こんなで水上葉になったら面白いかと思って。。
[PR]

by cube60 | 2008-11-01 23:01 | 水草