2009年 01月 07日
コケとの戦い
そんな訳で年が明け、また今年も大いにアクア生活を楽しむつもりなのだが、
この年末年始、私が一体どんなアクア生活を送っていたのかといえば、
実は・・、、 来る日も来る日もコケとの戦いに明け暮れていた・・。


b0024412_2211686.jpg









この前も書いたように、
流木を中心に発生したヒゲコケ(?)の猛威は凄まじく、
全く勢いを衰えぬまま、ついには水草にまで伝染し、
もうほどんど崩壊か? という状態にまで追い込まれたのだが、
(あまりに酷かったので写真も撮ってない)
しかし、それでも何とか気をとり直し、
毎日せっせと木酢液の治療を続けていた。


b0024412_2212195.jpg













水を抜いては、流木の表面を木酢液で湿らせたティッシュで拭き、


b0024412_22124920.jpg













それが無理な所は麺棒での治療をくわえ、
本当にマメに、地味に、少しずつの治療を続けていた。


b0024412_22132022.jpg












そのたび髭コケは白くなったり、赤くなったり、
急に消えたかと思えば、また復活したり、
終わりの無い、一進一退の攻防を続けた。


b0024412_22134883.jpg













また、日中の日差しをコケ発生の原因かと疑っては、
水槽を新聞紙で遮光し、


b0024412_22143887.jpg













ろ過力の低下を疑っては、ろ材の掃除や、活性炭の交換をするなどもした。
毎日コケにやられた水草の葉っぱ一枚、ソイルの一粒を取りのぞき、
とにかく思いつく限り、気づいた点には、すぐに対処するようにした。


b0024412_22151486.jpg











そして現在、、
苦労の甲斐あってか、何とか髭コケの猛威は去り、
今ではやっと写真の状態にまで回復したのだが、
ロタラグリーンなどの有茎草はすっかりボリュームを失い、
(コケにやられてほとんど差し戻したので・・)
ヘアーグラスも完全に昔の密度にまで戻ってしまった・・。
崩壊だけは辛うじて免れる事が出来たものの、コケのせいでまたやり直しである・・。



アクア人生、苦あれば楽あり。 三歩進んで二歩下がる。
新春早々、コケ話になってしまって恐縮だが、
この面辛さ、これこそもまたアクアなのである。
(と、無理やりまとめてみた。)







b0024412_2216088.jpg











そいうえば、こんな事もあった。
吸水パイプの穴より吸い込まれ、
ダブルタップに引っかかってしまったオトシン・・。(後、無事救出)
彼にとってもまた、九死に一生な正月であったろう・・(反省)。
[PR]

# by cube60 | 2009-01-07 22:33 | 水草
2008年 12月 26日
抱卵の舞
ヤマトヌマエビを飼っていると、
満月(大潮)の前後などに、ちょくちょく目撃するのが「抱卵の舞」。
その原因については諸説あって、私などは何が本当なのか、
よく分からないのだが、
この前、やはり大潮の夜に、たまたま「舞」に遭遇したので、
その様子をカメラに収めてみた。


超育ちの悪いショートヘアーグラスや、コケにやられた流木、
完全に溶けてなくなってしまったクリプト(涙)、
密度のでない有茎草の様子などもあわせ、ぜひご覧ください。



[PR]

# by cube60 | 2008-12-26 22:58 | エビ