2008年 12月 22日
オトシンがタブレットを食べた。
オトシンがプレコタブを食べてくれるようになった!
これまで全く見向きもしなかったのに、なぜ突然?
土に埋めてみたり、砕いて底にばら撒いてみたり、
しつこく工夫したのが良かったのだろうか?
これでもう餓死の心配もなくなったし、良かった良かった。


b0024412_22215192.jpg
















ただおかげで新たな問題点も発生。
プレコタブの側から、だれも離れなくなってしまった・・。
ヤマトもオトシンも、一日中このまんま。
ちっとも本来の仕事をしてくれない・・。


b0024412_22225250.jpg














おかげで今や60F水槽はこのとおり・・。
流木などは、すっかりコケに覆われてしまい見るも無残・・。
孤軍奮闘、毎日木酢液攻撃をしてみても、しょせんは焼け石に水。
日に日にコケの勢力が拡大してゆくのだ・・。
あっちを立てれば、こちらが立たず。アクア的バランスは非常に難しい・・。
(流木の白い所は木酢液でコケが死んだ所。一時は流木すべてが緑まで逝った・・)



PS
チビ水槽へ隔離していたエビは、全て60F水槽へ戻しておいた。
やっぱり最初襲っていたのは、オトを魚と思ってなかったみたいで、
一通り襲った後は、もう襲わなくなった。
今は逆に、オトシンの方が幅をきかせてるくらい(笑)
[PR]

# by cube60 | 2008-12-22 22:24 | 水草
2008年 12月 15日
その後のオトシン
b0024412_2302914.jpg



















2匹のオトシンを迎えてから一週間が経過した。
餓死しやすいオトシンのことなので、
今日死ぬか? 明日死ぬか? と、毎日心配していたが、
幸いな事に、彼らは今日も元気に生きている。
人口餌のプレコタブだけは、どうあっても食べてくれないみたいだが、
それでも水槽内のコケだけで足りているのだろう。
お尻からは、いつもカタツムリのような糞をぶら下げている。
2匹とも、このまま何事も無く順調に育ってほしい。





二匹のオトシンがヒラヒラと、まるで蝶のように
水草を渡る姿は、見ていてとても微笑ましい。
名脇役どころか、主役級の愛らしさだ。





b0024412_2312530.jpg

















オトシンの導入が一段落したところで、
以前からの懸案だった、髭コケ(?)の駆除にチャレンジしてみた。
やり方は、木酢液によるピンポイント攻撃。
ネット情報によれば、これが一番との事だったので、真似てみた。


b0024412_2323139.jpg














100均で買ってきた注射器で、原液をピンポイント注射!
しばらく待っていると、ネット情報どおり、
注射したところが赤くなってくる。


b0024412_2331936.jpg














そしてその赤くなった所には、すぐさまヤマト達が群がり、
あっという間に食べ尽くしてくれ・・・


・・ない・・
いくら待ってみても食べてくれない。
うちのヤマト達はみんな知らん振り・・。


b0024412_233544.jpg












おかげでこんなふうに、あちこち余計に見苦しくなってしまった・・。
う~ん、どうしたものだろう?
これではちょっと、あまりにも毒々しすぎる・・
[PR]

# by cube60 | 2008-12-15 23:08 | 水草